【山形】山形時代 & さくらんぼんBom がミュージック昭和sessionホール にてデビューライブ! 

【山形】山形時代 & さくらんぼんBom がミュージック昭和sessionホール にてデビューライブ! 

8月12日、山形市のミュージック昭和sessionホールにおいて『ダンススタジオMPF Presents YAMAGATA時代〜次のドアを開くのはワ・タ・シ〜』開催され、ダンススタジオMPFに新たに開設されたエンタメコースから、山形時代さくらんぼんBom、 2組のユニットが出演した。

小学6年生から高校2年生まで様々な年齢の9人( サラサ・カンナ・ヒナノ・サラ・ミク・アサミ・ ユズハ・マユ・ミイナ )で構成された期間限定のダンスユニット山形時代」、大好きだという少女時代の完コピダンスパフォーマンス「MR.TAXI」「Hoot」を披露し、その本家に勝るとも劣らないキレのある仕上がり具合はダンスレベルの高さを十分に感じるものであった。 地元テレビ局のレギュラーも決まっているという彼女たちの活躍をこれからも期待したい。


今回が初ライブとなる さくらんぼんBom、山形のご当地アイドルとして頑張る小学3年生~小学6年生の10人(のの・きぃ・saki・リオ・LYDIA(リディア)・あみ・ゆめめ・かいり・まいまい ・Miu )が元気なステージを見せてくれた。
その内容はフルメンバーで大塚愛の「さくらんぼ」、 きゃりーぱみゅぱみゅの「チェリーボンボン」をカバー、きぃc&かいりcの二人がプリンセス・プリンセスの「M」をカバーするなどバラエティあふれるもので、メンバー紹介を挟み、課題曲となっている感のある東京女子流の「頑張って いつだって 信じてる」をこちらもキレのあるオリジナルの振りでカバー、締めの一曲はいきものがかり の「じょいふる」を再びフルメンバーでカバーし、ボーカル・ダンス共にこれからの展開を期待させる内容だった。

 


力強いヴォーカルを聴かせてくれた美麗c

 ご当地アイドル全盛の中、「アイドル空白地帯」と言われていた山形でデビューした2組。本格的なアイドルユニットとしては酒田市のSHIP/AiR@S.H.I.P以来の登場となるが、東京女子流の庄司芽生c、FLOWERの佐藤晴美c、さんみゅーの後藤翼ジェニーcを輩出し、多くの受賞歴・出演歴をもつ ダンススタジオMPFが自らアイドルユニット・ダンスユニットをプロデュースする意義は大きい。

終演後のMAKO代表に2組のユニットのこれからの展開・目標について話を聞いところ

 MAKO代表: 山形時代さくらんぼんBom 、まったく方向性の違う2組ですが、山形から全国に発信できるユニットを目指してまずは県内のステージやイベントへの出演、また山形時代は地元テレビへの出演も決まっていますので早く皆さんに認知していただけるようにしていきたいと思います。いずれは県外でのイベント・ライブ出演も考えています。

とのことで、オリジナルの楽曲についても意欲的に検討中とのことだった。

全国レベルで活躍の出来るレベルのダンサー育成に力を入れているMPFからの、そして MAKO代表の力強い思いが伝わるライブイベント・インタビューだった。これからの山形のダンス&アイドルシーンから目が離せない。

 

Next Live 

さくらんぼんBom
YBCグルメ博覧会2012 ステージイベント 出演
日時 2012年9月17日(月)9:30~16:30(11:00~出演予定)
会場 山形ビッグウイング(山形県山形市平久保100)
入場料 ¥300(小学生以上)
http://www.ybc.co.jp/ev/g-expo/

さくらんぼんBom
天下一舞踊会 出演
日時 2012年10月8日(月) (詳細未定)
http://nocci.tv/tenka1/

関連リンク

さくらんぼんBomのボンボン日記
http://ameblo.jp/sakuranbombom/

ダンススタジオMPF オフィシャルサイト
http://www.ds-mpf.net/index.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。