かれん、可憐に羽ばたく。SCK GIRLS かれん卒業ステージ

9月27日の日曜日、13時半から宮城県気仙沼市の紫市場の特設ステージで行われた「かれん卒業ライブ」。最後の勇姿を見ようと、県内外から沢山の観客が訪れた。

 

20150927_134223

20151006_210833

 

開演を今か今かと待ちわびていたファンのボルテージは、既にMAX!所定時刻より若干遅れてのスタート。開演後すぐにいつものOVERTUREが流れると思いきや、いきなりかれんのソロ、それも旧衣装で登場。

 

 

20150927_141940

20151006_210802

 

今日の「かれん卒業ライブ」は懐古することが趣旨だったようで、旧衣装もそうだが久々のサインボール投げがあったりと、未来へ向かう前に過去の楽しかった思い出を全て出し切るという、最近のファンには嬉しい内容であり、旧来のファンには涙ものの内容。

 

20151006_210822

20151006_210826

 

かれんソロが終わって、いよいよOVERTURE。そしてセットリストはほぼ普段と一緒で一見普段と変わらないように思えるが、ステージパフォーマンスは明らかに普段と違っていた。かれん卒業を全員のメンバーが意識しており、終盤のMCでの全メンバーからかれんへの言葉にはメンバーはおろか観客をも泣かせる内容であった。

 

 

20151006_210830

20151006_210818

ステージが終わっても興奮は冷めず、物販もかれんを近くで一目見ようと長蛇の列。物販も今までにない賑わいで、ステージが終わって約3時間後に終了。辺りはすっかり闇夜となっていた。

 

ステージ開始時刻より5時間余り費やしたイベント。これだけ多くの人に見守られて羽ばたいてゆくかれんには、今日のイベントは間違いなく生涯忘れることのない内容である。かれんの今後の益々の活躍に期待したい。そしてSCK GIRLSもまた、第3代センターとなるメンバーが現れて、今まで以上に盛り上がりを見せてほしい。

 

 

 

(Visited 61 times, 1 visits today)