東京女子流ニューシングル「運命 / ワンダフル スマイル (新井ひとみと松島湾子)」リリースイベントにファンが集結!

 ガールズ・ダンス&ボーカルグループ東京女子流の新井ひとみさんが、6月5日、新星堂カルチェ5仙台店にてニューシングル「運命/ワンダフル スマイル(新井ひとみと松島湾子)」のリリースイベントを開催した。  

 

2013_0605_000005

 

 同日6月5日にリリースされたシングルは、前作「ROAD TO BUDOKAN 2012 〜Bad Flower〜」から7ヶ月ぶり12枚目となるシングルで、前作で示された新たな東京女子流の楽曲の方向性をより深化させ、重厚さと大人っぽさを増した「運命」と「松島のちからプロジェクト」から誕生した異色ユニット「新井ひとみと松島湾子」が歌うキュートでハッピー感に溢れた「ワンダフル スマイル」の両A面で楽曲の幅広さとギャップを楽しめる1枚となっている。

 この日のイベントでは、センターを務める地元宮城出身の新井ひとみさんがトークショーとサイン会を行った。大勢のファンが待ちわびる中、「運命」のMVのブラックとゴールドを基調にした衣装で新井ひとみさんが登場すると、一気に会場は熱気に包まれ、水曜の夕方にもかかわらず、会場には中高生から大人まで幅広い年齢層のファンが集まり、時が経つにつれてその数を増していき、サイン会は閉店時間をオーバーするほどの盛況ぶり。

「いつもは隣に山形出身のめいてぃん(庄司 芽生)がいてくれるんですが・・・」と心細さを口にしたひとみさんだったが、ファンから先月19日にファイナルを迎えた全国ツアーでの感想を聞かれると「今回はステージセットを組ませてもらったのと、今までの女子流に無いような水色と白の衣装と黒を基調とした2パターンの衣装を着させてもらったこと」が印象に残っていると話し、ツアーの楽しみとなっている”全国の美味しいもの”では、さっそく地元仙台の「萩の月」「牛タン」の話題を、セミファイナルのステージとなった札幌ではスタッフみんなで食べた「ラムしゃぶしゃぶ」、福岡ではメンバーの皆も大好きだというイチゴの「あまおう」などを話題にトークを繰り広げ会場を沸かせていた。

 

 2013_0605_000002

 

 

2013_0605_000003

 

 今回の楽曲については「運命は大人っぽくてセクシーな感じでビデオクリップにも男性の方がゲストが入っていただいて、今までの女子流に無いようなゴージャスな感じになっています」と説明、「リーダーの背中にオーラを感じる」というひとみさんのお勧めのシーンは「噴水の場面でカメラに向かってリーダーが目線をバシッと向けているところ」だとのこと。

「新井ひとみと松島湾子が歌うワンダフル スマイルの方はハッピーソングになっていて「松島のちからプロジェクト」のイメージソングになっています、この曲を聴いた方に笑顔になって欲しいなって思う曲です」と曲を紹介。「運命とワンダフル スマイルのギャップを楽しんでくれたらいいなと思います」と語った。

 

2013_0605_000006

 

 このリリースイベントの前には東松島市長、松島町長より、「松島えがお大使」として感謝状を贈られ緊張したというひとみさん、最後は「また、この場所に帰ってこれるように頑張っていきますのでこれからも応援宜しくお願いします。」と元気よく挨拶するとファンからは大きな拍手と「ありがとう!」の言葉が贈られた。

 

2013_0605_000004

 

2013_0605_000007

 

イベント情報

YATSUI FESTIVAL 2013
6月22日(土) 東京 Shibuya O-EAST、他

『東京女子流スレスレTV』PREMIUM LIVE
7月20日(土) 兵庫 神戸国際会館 こくさいホール
7月21日(日) 東京 渋谷公会堂

TOKYO IDOL FESTIVAL 2013
7月27日(土)、28日(日) 東京 ZEPP Tokyo、お台場地区特設会場

 


 

関 連 リ ン ク

東京女子流オフィシャルサイト
http://tokyogirlsstyle.jp/

東京女子流オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/tokyogirlsstyle/

 

  

運命/ワンダフル スマイル(新井ひとみと松島湾子)  (SG+DVD) タイプA

 

 

 

 

 

 

 

運命/ワンダフル スマイル(新井ひとみと松島湾子) (SG+DVD) タイプB

 

 

 

 

 

 

 

運命/ワンダフル スマイル(新井ひとみと松島湾子) タイプC

 

 

 

 

 

 

 

 

取材協力:エイベックスマネジメント / 新星堂カルチェ5仙台店
text:三浦 弘樹 / photo:大沼 英次郎

 

 


関 連 作 品

 

(Visited 13 times, 1 visits today)