4月5日、みちのく仙台ORI☆姫隊復興支援プロジェクト・(株)ジャシア主催の、アイドルから始まる東日本大震災復興支援チャリティイベント『復興 i-LAND in IWAKI Vol.4』が福島県いわき市小名浜の観光物産館「いわき・ら・ら・ミュウ」に特設されたステージにて開催された。ORI☆姫隊の呼びかけに全国から集まった計7ユニットが歌とダンスパフォーマンスを披露、多くの観客を集め大きな盛り上がりを見せていた。続きを読む

 かねてより出演者らから『仙台アイドルフェスティバル(仮)』として出演情報が出され、注目と話題を集めていた今年の『御譜代町夏の夜祭り西公園ナイトマーケット』、7月27日(土)、仙台市青葉区の西公園・旧野球グラウンド特設会場で開催されるこのイベントの ポスタービジュアルが解禁され話題を集めている。続きを読む

 5月19日、仙台三大まつりのひとつ『第29回 仙台・青葉まつり』が宮城県仙台市で開催された。都心部各地で行われた催しのうち、市民広場「絆ステージ」では、青葉神社神輿の披露と神事を皮切りに各地の武将隊の演舞、郷土芸能・すずめ踊りが披露され、宮城・仙台の復興支援アイドル「みちのく仙台ORI☆姫隊」気仙沼の復興メッセンジャー「SCK GIRLS」の2組が初のステージに立ちパフォーマンスを披露した。続きを読む

 5月12日、仙台市のライブハウスHooK SENDAIにおいて”HooK 10th Aniversary【HooK-SENDAI×Girls-natioN】”が行われた。同公演は10周年を迎えたHooK SENDAIとGirls-natioNがコラボ、東京からは SPACE GIRLS PLANET・リンクス・TAKENOKO▲ の3組を、地元宮城からは Sweet Darling・みきちゅ・みちのく仙台ORI姫隊・テクプリの4組、計7組を迎え3時間にわたって行われたそのライブイベントの模様をお届けする。続きを読む

 office motholが仙台のライブハウス・野外音楽堂で開催している定例ライブイベント『Live impact』シリーズ。様々なジャンルのパフォーマーが出演してきたこのイベント、30回目の節目を迎える今回はガールズユニット限定のライブを6月23日(に仙台の LIVE HOUSE enn 3rd にて開催することが発表された。続きを読む

 10月14日、 ベルサール 秋葉原1Fに於いて二日間にわたって開催された 地域キャラクター観光物産展in秋葉原『Moe1グランプリ』、キックオフイベントとして行われた『アイドルライブ in Moe1グランプリ』では各地を代表する人気アイドルが集まりライブ・トークを披露し会場を沸かせた。

続きを読む

 
10月8日、仙台市・仙台東警察署となりのヤマダ電器店駐車場にて全国地域安全運動仙台東地区出動式が行われ、運動を盛り上げるキャンペーンガールとして みちのく仙台ORI☆姫隊が出演、ミニライブを行いデビュー曲「私のSHYボーイ」、東日本大震災復興支援ソング「I’m home」を披露し出発式を盛り上げた。

 震災復興支援のために立ち上がり、復興市のお手伝いや仮設住宅を訪問してのボランティア活動を行いながら「アジアを代表するアイドルになる」という大きな目標を持って芸能活動をしている彼女達、そのパフォーマンスには多くの拍手を受けていた。


 ライブの後にはリーダーのノドカさんが安全メッセージを発表、地域と宮城のさらなる安全を訴えた。


式典後には場所を仙台駅東口へと移動し、復興支援ソング「I’m home」を披露。注目を集めた。




ライブ後は道行く人々に地域安全運動のパンフレットと自転車盗難防止用のセカンドロックを配布し、市民の防犯意識の向上を促すためのキャンペーンを行った。

6月30日、宮城県石巻市の復興商店街「ホット横丁石巻」モミの木ステージに「みちのく仙台 ORI☆姫隊」が出演し、2部にわたって『夏の予感 ORI☆サマーステージ(Surprise Stage)』を繰り広げた。

第1部はORI☆姫 Tシャツで登場した ORI☆姫隊 、デビュー曲「わたしのSHYボーイ」を早速披露し 、もはや重要な1コーナーとなった感のあるメンバー紹介は特技披露、ものまね披露などバラエティに富んだものだった、引き続き 「Gee」を披露した後はおなじみの「ORI☆謎コーナー」 が行われ、正解者にはサイン入りマグカップがプレゼントされた。

ここで突然、 「6/27はゆうなちゃんの誕生日でした、サプライズパーティーを したいと思います!」と ケーキ登場。ハッピーバースディー♪ユウナ、とサプライズ生誕イベントが行われた。
ユウナ「中学生になって新しい友達も増えて、自分から積極的に 話せるようになりました」

「桜の花が咲く頃」  「I’M HOME」英語Ver. が続けて披露され ORI☆姫 メンバーたちは「アジアを代表するアイドルになる!!!」という大きな目標を新たなものにしていた。

 第2部のSetlistは以下のとおり

1.わたしのSHYボーイ
2.君に届く風になれ
3.桜の花が咲く頃
4.I’M HOME」日本語Ver.

6月2日、ZEPP Sendaiにおいて復興チャリティイベント『Girls for HEART LIGHT SENDAI 』が行われた。東北各県で活躍するアイドルが多数集結、東京・大阪で活動するゲストサポーターを加えた 華やかな ステージに多くの観客が酔いしれた。


オープニングではGirls for HEART LIGHT SENDAITシャツを着た各ユニットのリーダーが勢ぞろいした。

出演アーティスト(出演順)

東北発信源ユニットSPLASH 2012(宮城県)
Doll☆Elements(ゲストサポーター)
NYTS(福島県浪江町)
巻っ娘V(宮城県石巻市)
みちのく仙台 ORI☆姫隊(宮城県)
JEWEL(宮城県)
愛乙女★DOLL(ゲストサポーター)
テクプリ(宮城県)
小桃音まい(ゲストサポーター)
SCK GIRLS(宮城県気仙沼市)
安部ひとみ(宮城県)
Shohjo隊(ゲストサポーター)
pramo(秋田県)
CHAIRMAN’S(岩手県)
ステーション♪(ゲストサポーター)
アップアップガールズ(仮)(ゲストサポーター)

 計16組82名


発起人であるテクプリのメンバー、「私達から提案させていただきました!もうほんとにワクワクでドキドキです!」


6時間にわたるビッグステージが今スタート!


トップを飾ったのは「東北発信源ユニットSPLASH 2012」、 テクプリのメンバーも在籍した地元宮城県・仙台市を代表する小中学生7人のユニットだ。気持ち的に難しい順番ながらもキャッチーな宮城の応援ソング『それいけ!みちのく』で場内を盛り上げ、続けて『初恋占い60%』、『キズナ~You’re my best friend~』を披露。新曲『あいのうた』では早くも観客との一体感が生まれていた。









ゲストサポーターのトップを飾ったのは愛乙女★DOLL3期研究生ユニットとして昨年デビューした5人組ユニット、『Doll☆Elements』 ファーストワンマンライブでは渋谷WWWで230名以上の動員を記録。早くもTokyo Idol Festival 2012への出演が決定するなど注目のユニット、ステージが狭く見えるほどのパワフルなパフォーマンスに場内は早くも沸点を迎えたかの様なヒートアップ振りだった。

setlist
☆U☆
流れ星
壊して、純情
君とゆびきり








福島県浪江町で地元の名物 「浪江焼きそば」 PRのために地元と女の子達で結成されたユニット 「NYTS」、震災後はメンバーがばらばらの場所に避難することになり集まることが難しい中でも活動を続け、浪江のPRだけではなく福島の人々を元気付けるアイドルを目指している。今回は根音・奈緒・瑠香・あかり4人での出演となったが元気なステージを見せてくれた。

Setlist
ステップアップナイツ
それゆけ浪江
恋する焼きそば









同じく、 震災で大きな被害を受けた 宮城県石巻市からは「巻っ娘V」が出演、石巻やきそばのPRソング 『YA・KI・SO・BA』のほか、『ラブビーンズ・ネバーランド』を披露。そして石巻のPRソング『きてみらい~んチョイト石巻』では場内が一気に祭りの雰囲気に包まれた。







 
地元仙台でも人気急上昇中の「みちのく仙台 ORI☆姫隊」、特技披露やコーナー、様々な趣向を凝らしたエンターテイメント性の高い「魅せる」演出は好評ったようだ。デビュー曲『私のSHYボーイ』と今年4月に行われたベトナム公演のための楽曲『桜の花が咲く頃』に加えダンスパフォーマンス、東日本大震災復興支援ソング『I’m home』を披露するという盛りだくさんの内容だった。








Girls for HEART LIGHT SENDAI 完全レポート(1)
Girls for HEART LIGHT SENDAI 完全レポート(2)
Girls for HEART LIGHT SENDAI 完全レポート(3)

5月13日、仙台・クリスロード商店街内で開催されている『仙台縁日』にて、
『Girls for HEART LIGHT SENDAI 』イベント告知&ミニライブ が発案者である
テクプリ」と、出演が決まっている「みちのく仙台ORI★姫隊」によって行われました。

地元仙台でのミニライブは久しぶりとなる「テクプリ」、この日を待ちわびた地元ファンも多かったのではないでしょうか?東京で数多くのライブイベントをこなす彼女達、オープニングの「青葉城恋唄」を含め5曲を披露、一体感のある素晴らしいライブでした。

先日の仙台国際ハーフマラソンのプレイベント「ハーフEXPO」でも素晴らしいステージを見せてくれた「みちのく仙台ORI★姫隊」、デビュー曲「わたしのShy Boy」、「桜の花が咲く頃」、「I’m home」の3曲を披露、CD発売を6/2に控えた彼女達、毎回レベルアップが著しいステージは必見です。

 

テクプリ」、「みちのく仙台ORI★姫隊」が出演する『Girls for HEART LIGHT SENDAI 』東北各地で活動するアイドルユニットとゲストサポーター16組が出演、ご当地B級グルメの販売等の復興支援コーナー、トークショーなど子供たちから大人までが笑顔になれる復興チャリティーイベントです。

<出演者>
pramo、Chairman’s、SCK GIRLS、
巻っ娘V、安部ひとみ、
みちのく仙台 ORI☆姫隊、Jewel
東北発信源ユニットSPLASH 2012、
テクプリ、NYTS
<ゲストサポーター>
ステーション♪、小桃音まい、
アップアップガールズ(仮)、Shohjo隊
Doll☆Elements、愛乙女★DOLL
<メインMC>
大坂ともお

関連リンク
 HEART LIGHT SENDAI 公式サイト
http://heartlightsendai.com/

チケット販売はこちら
Girls for Heart Light SENDAI

 

photo&text:IKE

 1月14日、みちのく仙台ORI☆姫隊が石巻で新春ライブを行い2012年の活動をスタートしました!イオンモール石巻1F緑の広場ではステージ上でラジオ石巻の生放送にゲストとして出演しライブ告知とメンバー紹介を行いました。

メンバーの可愛らしさが引き立つ和と洋のミックスされた新衣装は好評でした。

メンバー紹介では「今の気持ち、これからの気持ちを字にしたためました。」と習字を披露
NODOKA(夢)「アジアを代表するアイドルなりたい」、RINA(挑)「今年は、バク転と前方転回に挑戦します!」
じゃんけん大会が行われ、ひとりにお気に入りのメンバーの書初めをプレゼントといったファンには嬉しい
イベントとなりました。
曲は「わたしのshyboy」、「I’m home」、そして新曲「桜の花が咲く頃」が披露されました。
「4月のベトナム公演でも披露してきます」との事。
客席で子供たちが振り付けをまねて踊りだすなど、楽しい雰囲気のイベントとなっていました。

ホット横丁石巻のイベントでは物販や撮影会なども行われ関東から訪れたファンを喜ばせていました。
新曲の評判もよく、これからの活動がますます楽しみになって来ましたね。



関連リンク
みちのく仙台ORI☆姫隊 公式ホームページ
http://orihimetai.com/
みちのく仙台ORI☆姫隊Blog
http://ameblo.jp/orihimetai/

 みちのく仙台ORI☆姫隊は復興支援のために立ち上がった仙台のアイドルユニット。

今年の10月に既に曲が2曲出来ている状態で追加メンバーの募集を始めたり、いつの間にかイベントに出演していたりと謎の多いユニットではあったが、11月からはfacebookより情報出しが始まり、このたび 11月13日に東松島市小野市民体育館にて行われたストリートダンス協会主催の「DANCE STADIUM IN MIYAGI」」においてステージのお披露目があるということで早速取材に行ってきた。

siigのブログ

 デビュー曲『わたしのSHYBOY』はサビの部分に大胆に仙台弁を折り込んだキャッチーな1曲で、アイドルソングとしてもしっかり出来上がっている印象を受けた、対して復興支援ソング『I’m home』は復興を願うメロディアスな聴き応えのある曲となっている。なお現在のところはいわゆる「被せ」の状態でのステージングとなっており、このあたりはボーカル力の強化とメンバー追加の展開が待たれるところである。

(先の追加メンバーの募集は主にボーカルメンバー)
ダンスはチアダンスの技を随所に取り入れるこだわりが見られ、見せることに重点を置いたステージングは表現力と笑顔が素晴らしく、かなり仕上がっている印象を受けた。曲中にスコーピオンやトゥタッチジャンプをキメるアイドルというのはなかなか(仙台では)目新しいのではないだろうか。

siigのブログ

メンバー各々の自己紹介・特技紹介もあり観客から盛んな拍手を受けていた

なお今回はオリジナルメンバー7人での出演となっている。


siigのブログ

リーダー:NODOKA(小6) タレ目がチャームポイント

siigのブログ

ERINA(中3) 特技は早口言葉

siigのブログ

HANNA(中1) チャームポイントはいつも元気で明るいところ

siigのブログ
RINA(中1) 誰よりも腰と背中が柔らかい、ということでスコーピオンを披露

siigのブログ

YUUNA(小6) 皆からよく不思議ちゃんと言われるそう

siigのブログ
ANNE(小5) 特技は5歳から続けている書道で最近9段を取ったとのこと

siigのブログ

ユリア(小6) 特技はパソコンの早打ち
体育館という広いステージは見ごたえがありメンバーものびのびと演じていたように思う、MC部分については緊張もあったようだがこれについてはこれからの経験で良くなっていくことだろう。

siigのブログ
ステージ出演後、メンバーは別衣装に着替え、出演者・観客と共に”ユーコ・スミダ・ジャクソン
”氏のダンスワークショップを受けた。先立って氏のダンスも披露されたのだが、MJの姿が浮かんでくるようなオーラあふれるダンスであった。まさに”神イベ”といえるこのワークショップでORI☆姫隊のメンバーの皆もMJそして氏の魂を感じられたに違いない。

<2011.11.13>
<text:siig>
<photo:CaEO>