岩手県大槌町、独立行政法人都市再生機構(UR)、岩手震災復興支援本部などが中心となり取り組んできた「町方地区震災復興土地区画整理事業」の骨格道路となる『県道大槌小鎚線』が2日、完成し開通式が行われた。大槌町長の開催のあいさつの後、12の地元保存会による鹿子舞、大神楽、虎舞などの郷土芸能パレードが開通前の県道で行われたほか、町民の憩いの場であった御社地(復興拠点として整備中)では各種の出店、車両展示のほかステージが設けられ、AKBのメンバー6名が出演し県道の開通に華を添えた。続きを読む