仙台市内2箇所の献血ルームに11月11日、「宮城県赤十字血液センターTeen’s 献血アンバサダー」に任命されたテクプリが登場し 献血の重要性を幅広く啓蒙する活動を行なった。 全国各地に広がりを見せる「アイドルからの献血の普及啓発」に今回宮城で選ばれたテクプリ、その活動を追った。

続きを読む

20121110_054038

 JR東日本が仙台駅2階コンコース ステンドグラス前において継続して取り組んでいる東北各エリアの震災復興支援を目的とした「がんばろう!東北」東北復興支援イベント、11月9日(金)~11日(日)の三日間開催された「がんばります!気仙沼復興産直市」、10日に行われたイベントでは気仙沼のご当地アイドルSCK GIRLS(産地直送気仙沼少女隊)が登場し元気なパフォーマンスを見せてくれた。続きを読む

 10月21日、岩手県一関市東山町の名勝・猊鼻渓で開催された『秋の猊鼻渓にぎわい祭り』のステージに気仙沼のご当地アイドル SCK GIRLS が出演した。夏以来となるステージではカラフルな新衣装と 猊鼻渓で生まれた曲「毘沙門天」を含む7曲を披露、風の強い中ではあったが観光客で賑わう祭りをさらに盛り上げていた。続きを読む

 10月14日、 ベルサール 秋葉原1Fに於いて二日間にわたって開催された 地域キャラクター観光物産展in秋葉原『Moe1グランプリ』、キックオフイベントとして行われた『アイドルライブ in Moe1グランプリ』では各地を代表する人気アイドルが集まりライブ・トークを披露し会場を沸かせた。

続きを読む

 
10月8日、仙台市・仙台東警察署となりのヤマダ電器店駐車場にて全国地域安全運動仙台東地区出動式が行われ、運動を盛り上げるキャンペーンガールとして みちのく仙台ORI☆姫隊が出演、ミニライブを行いデビュー曲「私のSHYボーイ」、東日本大震災復興支援ソング「I’m home」を披露し出発式を盛り上げた。

 震災復興支援のために立ち上がり、復興市のお手伝いや仮設住宅を訪問してのボランティア活動を行いながら「アジアを代表するアイドルになる」という大きな目標を持って芸能活動をしている彼女達、そのパフォーマンスには多くの拍手を受けていた。


 ライブの後にはリーダーのノドカさんが安全メッセージを発表、地域と宮城のさらなる安全を訴えた。


式典後には場所を仙台駅東口へと移動し、復興支援ソング「I’m home」を披露。注目を集めた。




ライブ後は道行く人々に地域安全運動のパンフレットと自転車盗難防止用のセカンドロックを配布し、市民の防犯意識の向上を促すためのキャンペーンを行った。

 10月7日、気仙沼紫市場で行われた気仙沼Tシャツアート展2012 ガールズステージ♪』に仙台のシンガーソングライター安部ひとみさん、仙台のガールズユニット Sweet Darling(すぃーとだーりんぐ)、気仙沼のご当地アイドルSCK GIRLSが出演した。大雨のため約20分遅れでのスタートとなったが元気な歌声が紫市場気仙沼Tシャツアート展を飾った。


トップを飾ったのはSweet Darling
(すぃーとだーりんぐ)、久しぶりのフルメンバー6人での出演となった今回はオリジナル曲 「SMILE」 を含めた5曲を披露してくれた、久しぶりということでメンバーの自己紹介をお届けしよう。

ゆっち 「最近、学校で運動会があり、綱引きで大活躍しました」

ちぃ 「トマトとウサギはちぃのパワー。ウサギのぬいぐるみ集めとゾンビのゲームが趣味です。今日は風邪で本来の声じゃないのが残念ですが、元気を気仙沼に全部置いていけるように最後まで頑張りたいと思います」

ゆい 「サッカー大好き、ダンス大好き、もちろん皆も大好きー!」「最初に雨が降ってしまいましたが、天気になって良かったです」

みー 「雨上がりましたね~この空に虹を架けられるように頑張ります」

まぁ 「皆さんに笑顔を届けるのがモットー。最近髪を切ったんですが友達に前髪しか気付いてもらえず、とても悲しかったです」 「今日、初めて気仙沼に来たのでライブが終わったら楽しみたいと思います」

なな 「好きなモノはネコと歌、尊敬する人はZARDの坂井泉さんです」

ちー 「以前、気仙沼に来た事があります。氷の水族館に行ったりリフトに乗ったり、フカヒレのお菓子も食べました」

2回目のMCコーナーでは、以前ボランティアで気仙沼に来た事があるというゆっちが当時の事を話している最中、  突然涙する場面があったりと 被災地気仙沼の現状を思う心優しい面を見た。

Setlist
「Don’t say lazy」
「ぴゅあぴゅあはーと」
「Pray」 ( まぁ なな ゆっち ゆい 4人Ver.)
「DISCOTHEQUE」
「SMILE」 (オリジナル)

 

「カワイイもの大好きという事でSweet Darlingと名付けました。」 「結成は2/14のバレンタインデーで、どんどんメンバーが増えて今は6人体制です」 ( まぁ )という Sweet Darling 、「新曲は、前に前に進もうという意味が歌詞に込められています」(みー) とのことでこれから続々と発表されるであろう新曲が期待される。

まぁ 「気仙沼の皆さんに元気を届けられたと思うので、私たちも嬉しいです、ありがとうございました」

ライブする度、成長を感じることが出来るキュートで元気イッパイのステージ、これからの成長も要チェックだ。

 

 

 2番目に出演したのは安倍ひとみさん、 「実は私、雨女なんです。」という彼女だが、「でも晴れて良かったです。
気仙沼で歌うのは2回目ですごく嬉しいです」とソウルフルな歌声を聴かせてくれた。

 

1曲目は みんなで共に頑張って進んでいこうという思いを込めて作ったという ポップチューン な「ミライノヒカリ」、MCをはさんで2曲目は 「少女の幸せ」を披露、歌詞に注目して聞いて欲しいというカワイイ片思いの曲だ。3曲目は切ない恋の歌、 「いちばん近くいちばん遠くいちばん儚く」切ない思いを乗せた歌声が気仙沼\の空に響いた。

続けてライブの告知が行われ、10月20日(土)に錦が丘ヒルサイド ショップス&アウトレットでのステージと11月17日(土)18日(日)にデジタルアーツ仙台6Fで行われるGirls natioNへの出演が発表された。こちらのステージも要注目だ。

最後は 「Hello,Smile」を披露、デビューCDアルバムのタイトル曲でもあるこの曲は友達に贈る為に作ったという泣ける曲、ぜひとも詞に注目して聞いて欲しい。

 


Hello,Smile-ミライノヒカリ-

 

 


トリを飾るのは地元気仙沼のご当地アイドルSCK GIRLS、サトミ・リセ・マリカ・リノ・アリサ・アカリ・リカコ・リン・トモカの9人出の出演となった 、  ノリノリのマリカ&リセの 「まりせんぼんの歌」で始まった今回のステージ 、新曲「毘沙門天」も2人で歌うノリのよさで、サトミ・リセ・リカコ3人の新衣装、 アカリ&アリサが歌う 「あかりの歌」 などフルスケールなライブで見所も多い楽しいものだった。

Setlist
「まりせんぼんの歌」
「毘沙門天」
「ありがとうの言葉」
「あかりの歌」
「Never Land」
「りかこの歌」
「ReGenerasion」

こちらも毎回の見所となっている自己紹介を取り上げてみよう。

 

サトミ 「新衣装、二日前に渡されたんですがウエストがアレなのでファスナー上げてます」

マリカ 「SCKのプリンセス破天荒、マリカです」

リン 「今日も明るく元気にガンバリます」

アリサ 「風邪なんか気合でフッ飛ばしちゃいます」

リカコ 「この新しい衣装を着てテンションが上がってます」

リノ 「10/15に中間テストがあるんですけど、赤点を取らないように毎日勉強頑張ってます」

アカリ 「一ヶ月ぶりのステージになりますが、いつも通り絶好調にやっていきたいと思います」

トモカ 「今日も元気に頑張ります」

リセ 「メンバーカラーを青にしました」「新衣装はライダースとメンバーカラーのスカートになります」


「りかこの歌」のあとには
恒例のサインボール投げ、小さい女の子にボールを手渡すリカコ、優しい場面を見ることが出来た。

リセ 「仙台からお越しいただいたSweet Darlingさん、安倍ひとみさん本当にありがとうございました。お集まりいただいた皆さんもありがとうございました」


p

10月7日、秋空の下、石巻青果花き地方卸売市場で行われた『ecoなトラックの日フェア2012』のステージにテクプリが出演し、8月に発表した新曲『Do it!!』を含む6曲を2ステージに渡って披露した。

 「トラックの日フェアということで、普段私たちはあまりトラックに乗ったりすることは無いですが、震災の後もすごく物資を運んで動いてくれたのもトラックの方が動いてくれたからだと思うので、感謝したいと思います。」「このイベントに参加できてとてもうれしいです、私たちは石巻駅に来て撮影をしたことが有るのですが、今回はチャリティとしてここに来る事が出来てとてもうれしく思っています。」とリーダーのRIKAさん。「私たちのステージを見て皆さんに笑顔になっていただければと思います」「精一杯頑張りますので宜しくお願いします!」という挨拶に会場からは拍手が上がった。

 

 市場内に設けられた特設ステージは外の明るさが逆光となり独特の雰囲気を醸し出していた。


 おなじみとなった『Do it!!』でのハンズアップにも多くの観客が応じ盛り上がりを見せていた、広いステージということもあってかメンバーものびのびと演じていたように感じられた。1部終了後には ステージ前での握手会が設けられファンのみならずフェア関係者にも好評だったようだ。


Setlist
(1部)
青葉城恋唄

スキスキスキ
ティディベアとパスワード
Do it!!

(2部)
青葉城恋唄
ムーンライトフラッシュ
スキスキスキ
Do it!!

.

次回のライブ出演は10月28日に仙台市のライブハウス パークスクエアで開催される
みきちゅpresents「サブカル☆パーティ」 がアナウンスされた。
アイドルシンガーソングライターであるみきちゅがプロディースするこのライブ。
バンドとアイドルの闘志を見せつけるア ツ い一日でのテクプリの活躍は要注目だ。

みきちゅpresents「サブカル☆パーティ」
@LIVE HOUSE PARK SQUARE
日時: 2012年10月28日(日) 開場18:00 開演 18:30
料金: 前売¥2,000 当日¥2,500 (+D別)
出演:BAND ソンソン弁当箱、SUN OF A STARVE(東京)
IDOL みきちゅ、テクプリ、ロリポップ招幸群
and more…
詳細はこちら
http://ameblo.jp/mi7ki/entry-11363172569.html

また11月4日に渋谷で開催されるライブ出演も併せてアナウンスされた。

『皮茶パパ・ワンダーランド』
日時: 2012年11月4日(日) 開場11:30 開演 12:00
会場: 渋谷CLUB CRAWL
(東京都渋谷区東1-25-2 マルハシビルB1)
出演: KGY40Jr. / ナグリアイ/ テクプリ
料金: 前売¥2,000 当日¥2,500 (+1Dオーダー)
チケットの発売: 9月29日(土) LAWSON TICKETにて発売!
※Lコード: 74821


Do It !! [Single, Maxi]
8月4日発売 ライブ会場・タワーレコード新宿店・HMV仙台ロフト店で取り扱い中!
 


10月6日、石巻市中心部の石巻駅前にぎわい交流広場と仮設商店街「石巻まちなか復興マルシェ」、2ヶ所を会場に 開催された『東北元気フェスティバルin石巻』に巻っ娘Vが出演しました。


今回は諸事情により、ゆいcとあいc2人でのステージとなったが、 よさこい風の衣装で「お祭にピッタリの曲です」という 「やんちゃ囃」 で始まったステージは振りも大きく堂々としたもので観客から大きな拍手を受けていました。

 


メンバー紹介・衣装チェンジのあとは ご当地グルメである「石巻やきそば」のPRソングである 「YA・KI・SO・BA」 など計5曲を披露、ステージ後は石巻やきそばの呼び込みをするなどキャンペーンに努めていました。



午後には仮設商店街「石巻まちなか復興マルシェ」に移動、再び元気なステージを見せてくれました。

Setlist
「やんちゃ囃」(やんちゃばやし)
「YA・KI・SO・BA」
「ラブビーンズ・ネバーランド」
「きてみら~いんチョイト石巻」
「YA・KI・SO・BA」


今後のイベント出演にも期待です!

9月30日、岩手県一関市東山町の唐梅館総合公園で行われた第12回唐梅館絵巻 宵祭りにSCK GIRLSが出演した。


ライブ前には六魂戦隊ゲイビマンと共に1000個もの餅まきを行うなど大活躍。

大迫力のよさこいの演舞が行われたあと、 SCK GIRLSライブがスタートした。

 最初はリセとマリカの二人が登場し 「まりせんぼんの歌」を披露。「まりまりせんぼん、まりせんぼん♪」のリズムと 自虐ネタを含んだ明るいオープニングは早速会場の心をつかんだようだ。
つづいては予告していた新曲 「毘沙門天」、リセのソロ曲を本日初披露。猊鼻渓ソングになってます!?

 リセ 「10/21にもまた猊鼻渓でイベントあります!、10/28は一関でイベントです!」

ここで、本日の出演メンバー6人(サトミ リセ カオルコ マリカ リン トモカ)が全員登場。新メンバー2人も揃いの衣装着たことで一体感が高まった。
続けて 「ありがとうの言葉」、 「Never Land」を披露。曲のあとに行われた恒例のサイン入りボール投げにはステージ前に多くの人が押しかけた。最後は 「ReGenerasien」で締めくくられた今回のライブ、多くの観客にSCK GIRLSは認知されていたようで大きな盛り上がりを見せていた。

  ライブ終了後には豪華商品の大抽選会が行われSCK GIRLSはアシスタントを担当した。

SCK GIRLS


ありがとうの言葉
/ReGenerasion
(イベント・ライブ会場での販売)
 

 9月24日、”だーいし”こと石田亜佑美さんの モーニング娘。「ワクテカ Take a chance」発売記念 予約&握手会イベント が地元・仙台市の新星堂 カルチェ5仙台店で行われた。月曜の夜にも関わらず会場には多くのファンが駆けつけ亜佑美さんとの再会と握手会を楽しんでいた。

続きを読む

 9月22日、青森県唯一無二の東北最大級のロックフェス「AOMORI ROCK FESTIVAL ’12〜夏の魔物〜」が青森県平内町の夜越山スキー場特設会場で開催された、今年は4つのステージにロックバンドからアイドル、プロレスラーまで総勢80組を超える幅広い出演者が登場する過去最大級の規模、でんぱ組.inc、BiS、しず風&絆〜KIZUNA〜、アリス十番、アップアップガールズ(仮)とアイドルも強化。仙台を拠点に活動する”アイドルシンガーソングライター”みきちゅも初出演を果たした。成田プロデュサーが求める「熱気」をアイドル達は生み出すことが出来たのか?その模様をお届けする。続きを読む

 「秋の交通安全県民総ぐるみ運動」の出発式が9月20日、仙台市青葉区の県警本部庁舎前駐車場で行われた。先日、宮城県警より「自転車安全利用マナーアップ大使」の委嘱を受けたテクプリが出発式に出席し、続けて行われた一番町四丁目買物公園までの交通安全パレードに参加した。続きを読む

 9月16日、「AOMORI ROCK FESTIVAL 2012 ~夏の魔物~」出演者および出演順の最終発表が行われた、87の個人、ユニット、グループが出演、ロック、 プロレス、 アイドル、と ロックフェスティバルの枠に縛られないラインナップに期待が高まる。

会場には「ストロングステージ」「王者の魂ステージ」「バーリ・トゥードステージ」「道場ステージ」と4つのステージが設けられ、出演者たちが熱いパフォーマンスの火花を散らす!

アイドル枠には、でんぱ組.inc ・ BiS ・しず風&絆~KIZUNA~ ・ アリス十番・アップアップガールズ(仮)の出演がアナウンスされており、彼女たちの熱いROCK魂は見逃せないものとなるだろう。

宮城・仙台市からはアイドルシンガーソングライターのみきちゅ の出演も決まっており、彼女のパワフルなライブパフォーマンスも見逃せない。

出演順・出演者は以下の通りとなっている。 

9.22 青森県東津軽郡平内町夜越山スキー場

AOMORI ROCK FESTIVAL’12 ~夏の魔物~
http://mamono12.web.fc2.com/
7:00~23:00

内田裕也&トルーマン・カポーティR&RBAND / 神聖かまってちゃん /
スチャダラパー / 在日ファンク /DJ BAKU / SIMI LAB /
曽我部恵一BAND / フラワーカンパニーズ / Hermann H.&The Pacemakers /
ZONE / ブリーフ&トランクス / 藍坊主 / アーバンギャルド / 0.8 秒と衝撃。 / avengers in sci-fi /
OGRE YOU ASSHOLE / bloodthirsty butchers /
KING BROTHERS / SCOOBIE DO / キノコホテル /ザ50 回転ズ /
ラフィンノーズ / ニューロティカ / 人間椅子 / バンドTOMOVSKY /
武藤昭平(勝手にしやがれ)with ウエノコウジ(the HIATUS /ex.thee michelle gun elephant) /
THE NEATBEATS / 騒音寺 / 夜のストレンジャーズ /
PANTA(頭脳警察)with菊池琢己 / 三上寛 /
SILLYTHING+鈴木秋則(ex.センチメンタル・バス)
+ハジメタル(ex.ミドリ)+prkr+大内ライダー(太平洋不知火楽団) /
でんぱ組.inc / BiS /しず風&絆~KIZUNA~ / アリス十番 /
アップアップガールズ(仮) / うさぎのなみ平 /石鹸屋 / 流田Project /
ULTRA-PRISM / SEBASTIAN X / パスピエ / うみのて / まつきあゆむ /
タルトタタン『※バックバンド…ドラム:西浦謙助(アゼル&バイジャン、ex.相対性理論)、
ベース:ナガイケジョー(SCOOBIE DO)、ギター:田淵ひさ子(bloodthirsty butchers)』 /
東京カランコロン / 嘘つきバービー / 踊ってばかりの国 / 撃鉄 / 住所不定無職 /
SAKANAMON / KETTLES / 忘れらんねえよ / THE☆米騒動 /hotspring /
ボトルズハウス /ソンソン弁当箱 / 本棚のモヨコ / TEENAGER SEX LESS /
大森靖子 / THE××ズ/みきちゅ / ヒロシ / 吉田豪×杉作J 太郎 /
あやまんJAPAN / 加藤鷹トークショー/うしじまいい肉撮影会/
バンドマンのすべらない話 /
大内ライダー(太平洋不知火楽団)presents特撮座談会 / DJ.ダイノジ /
DJ.掟ポルシェ / DJ.桃知みなみ / DJ.鹿野淳 /
DJ.サミー前田Tribute to Fuckin’Great YUYA! /
DJ.FREE THROW(弦先誠人、神啓文、タイラダイスケ) /
DJ.TOKYO BOOTLEG (O-ant / SMYLE / あばっと) /
DJ.歴ドル 美甘子 / DJ.庄司信也 / MC.アントーニオ本多 /
DDTプロレスリング / ほもいろクローバーZ /
HERE COMES A NEW CHALLENGER SUPER NATSUNO MAMONO FIGHTER ZERO(公募枠)

チケット
チケットぴあ [Pコード] 174-811
ローソンチケット [Lコード] 26622
e+(イープラス)

一人券 ¥7,000
4人券 ¥26,500
中高生 一人 券 ¥3,000(当日券のみ)

 

8月12日、山形市のミュージック昭和sessionホールにおいて『ダンススタジオMPF Presents YAMAGATA時代〜次のドアを開くのはワ・タ・シ〜』開催され、ダンススタジオMPFに新たに開設されたエンタメコースから、山形時代さくらんぼんBom、 2組のユニットが出演した。続きを読む

 8 月19日、アイドルシンガーソングライターみきちゅのワンマンライブ「みきちゅパーティ☆vol.3」が 仙台市のライブハウスFLYING SONにて 開催された。


 3ヶ月連続のワンマンライブを締めくくる今回は夏らしくイチゴ柄の浴衣ドレス姿にお団子ヘアーで登場したみきちゅ。前回予告したとおり、アンコール3曲を含め13曲を披露、スペシャルコーナーにMCと濃厚なみきちゅワールドを展開、ついに発売されたみきちゅTシャッツを着たファンが多数集結し会場の冷房が追いつかない文字通り暑い熱いライブとなった。

Setlist

ブラック★ロックシューター (supercell)
Morning magic
フローズンストロベリー
Alright!ハートキャッチプリキュア! (ハートキャッチプリキュア!OP)
- スペシャルコーナー -
甘い祈り
歌姫
キラキラ
PON PON PON (きゃりーぱみゅぱみゅ)
恋愛パズル
CORE PRIDE (UVERworld/青の祓魔師OP)
空色デイズ (中川翔子)
僕らのマーチ (破牙神ライザー龍挿入歌)
First love


弾き語りが原点だというみきちゅ、「甘い祈り」を披露した後には高校時代の話、 Tシャツ の絵を描いてくれたおさしみちゃんとの出会い、そしてTシャツへの思いなどを語ってくれた。

 8月19日、 HMV仙台ロフト店にて 東北発信源ユニットSPLASH2012がインストアミニライブとサイン会を行った。
 お揃いの水色のスプラッシュTシャツを着たメンバーは早速 「初恋占い60%」を披露、リーダーのアミからは「仙台七夕祭りはもう終わってしまったんですが、皆さんと最後まで夏を盛り上がりたい!」ということで 仙台七夕まつり応援ソング として仙台七夕まつりの様々なイベントでも歌われた「仙台七夕☆さま~っ(Summer)」の振り付け講座が行われ、「たからもの~君に逢えてよかった」と2曲続けて披露され、会場は大きな盛り上がりを見せた。
続けて、キララから”絆をテーマにした友情ソング”「キズナ~You’re my best friend~」、モカからは”女の子のドキドキした気持ちを表した曲”「あいのうた」が紹介された。疾走感あふれる曲とダンスに観客からは大きな手拍子があがった。

 8月19日、 仙台市青葉区錦ケ丘の ヒルサイドショップス&アウトレット中庭ステージ にて「MUSIC HEART Vol.1」が開催され、 専門学校デジタルアーツ仙台のミュージックアーティスト科の卒業生である安部ひとみcが、同校の先輩・後輩の間柄である一本松里紗さん、Rimika*さんとの共演を果たし、爽やかな歌声が響き渡るライブイベントとなった。

 

20120819_161119

セミの鳴き声が響く夏空の下、爽やかなサマードレス衣装で登場した 安部ひとみc、1曲目は「みんなで共に前に進んでいこうという想いをこめて作った」という 「ミライノヒカリ」を披露。続けて、切ない恋の歌 「いちばん近くいちばん遠くいちばん儚く」、「Hello,Smile」、最後は作詞作曲人生最初のアップテンポの曲だという可愛い少女の片思いを歌った「少女の幸せ」 の4曲を歌い上げた。

彼女の魅力といえば、透明感のある歌声はもちろん感情豊かでありながら安定感のあるブレのない歌唱力。アイドル的な展開ではありながしっかりとした自分の世界観を持つ正統派のシンガーソング ライターだ。

ぜひとも彼女の歌声に触れ、終演後は直接感想を伝えてみてはいかがだろうか。


Hello,Smile-ミライノヒカリ-
 

次回のライブ

MUSIC AID 「LIVE Collection」IN SUMMER

会場:専門学校デジタルアーツ仙台 6Fライブシアター
開場:13:00 開演13:30
チケット:前売¥1000 当日¥1500

出演:安部ひとみ

SCKGIRLS HappyDance MAINA TAKARA WAVE

Howdy TARO SweetKiss R3EYES 他

8月18日、イオンモール富谷のスクラム富谷店にて東北発信源ユニットSPLASH2012がインストアライブを行った、この日のメンバーは夏らしいカラフルなミニの浴衣姿で登場しその可愛らしい姿と歌声そしてダンスで観客を楽しませていた。
1曲目の 「女の子の初恋をイメージして作られた曲」だという 「初恋占い60%」に始まり、持ち歌5曲を披露。MCも盛りだくさんのインストアライブだった。

Setlist

初恋占い60%
キズナ~Your my best friend~
たからもの
仙台七夕☆さま~っ(Summer)
あいのうた


「あいのうた」ではおなじみの振り付け講座が行われ、「 簡単な振り付けなので皆さんもぜひ参加して欲しい」とのお願いに 観客も一体となってライブを楽しんでいた。


メンバー紹介ではSPLASH2012衣装のイメージカラーとは異なる メンバー各々の好きな色が発表されていた。 浴衣にも微妙に反映されている?かどうかは不明だが押さえておいてはどうだろうか。

左から  「ベビーピンク大好き」マキ(中1)、 「ピンク大好き」リーダーのアミ(中2)、  「黄色大好き」キララ(小6)、
「パステルピンク大好き」モカ(小6)   「オレンジ大好き」コトミ(中1) ,そして サヤカ 「水色大好き」サブリーダーのサヤカ(中3)


物販も好評で多くの観客がCDを買い求めたり、メンバーとのコミュニケーションを楽しんでいたようだ。


キズナ~You’re my best friend~
6月20日発売

 

次回のライブ予定

~今年もやります24時間アリティーヴィー~
 『宮城国際ご当地アイドルサミット』公開生放送

場所:アリティーヴィースタジオ

日時:8月26日(日)開場9:45 開演10:00
放送 10:00~12:00
入場料:¥1,000

出演:みちのく仙台ORI☆姫隊(VTR)、Sweet Dearing(VTR)
テクプリ、東北発信源ユニットSPLASH2012、ロリポップ招幸群

観覧の応募方法など詳細は
http://www.ari-tv.jp/

 

 8月4日、5日の2日間にわたり日本最大級の夏のアイドルフェス 『TOKYO IDOL FESTIVAL 2012』 がお台場・湾岸スタジオを中心に開催された。3年目の今年の出演者は111組732人を数え昨年の2倍の規模、話題のダイバーシティ東京プラザ前にも無料のステージを設け、ZeppDiverCity(TOKYO)をメイン会場「Hot Stage」とするなどさらに大規模なものになった、今回SIIG取材班は、東北出身・東北にゆかりの深いアイドルたちの活躍する姿を追った。続きを読む

 7月27日、仙台を拠点に活動するアイドルシンガーソングライターみきちゅのワンマンライブ「みきちゅパーティ☆vol.2」が 仙台市のライブハウスFLYING SONにて 開催された。前回の予告どおり前半は弾き語りの構成で「好きなように楽しんでいってください」との言葉に、集まった観客は みきちゅの歌声に聴き入っていた。続きを読む

 7月14日、山形県・寒河江市の寒河江駅前みこし公園にて「ちぇり~マルシェ・ビアフェスタ」が開催され、復興支援スペシャル企画として福島県・浪江町の名物、浪江焼きそばのPRアイドルユニットとして知られるNYTS(ナイツ) と、“産地直送気仙沼アイドルユニット”として知られるSCK GIRLSのライブイベントが行われました。  

続きを読む

 5月12日、13日の二日間にわたって秋田県・こまちスタジアムで「東京ヤクルトスワローズ×読売ジャイアンツ」公式戦が開催され、併設された「ジョージア ボールパーク秋田2012 」 ステージにおいて秋田在住のアイドルグループ「pramo」 のトーク&LIVEが行われた。続きを読む

6月30日、宮城県石巻市の復興商店街「ホット横丁石巻」モミの木ステージに「みちのく仙台 ORI☆姫隊」が出演し、2部にわたって『夏の予感 ORI☆サマーステージ(Surprise Stage)』を繰り広げた。

第1部はORI☆姫 Tシャツで登場した ORI☆姫隊 、デビュー曲「わたしのSHYボーイ」を早速披露し 、もはや重要な1コーナーとなった感のあるメンバー紹介は特技披露、ものまね披露などバラエティに富んだものだった、引き続き 「Gee」を披露した後はおなじみの「ORI☆謎コーナー」 が行われ、正解者にはサイン入りマグカップがプレゼントされた。

ここで突然、 「6/27はゆうなちゃんの誕生日でした、サプライズパーティーを したいと思います!」と ケーキ登場。ハッピーバースディー♪ユウナ、とサプライズ生誕イベントが行われた。
ユウナ「中学生になって新しい友達も増えて、自分から積極的に 話せるようになりました」

「桜の花が咲く頃」  「I’M HOME」英語Ver. が続けて披露され ORI☆姫 メンバーたちは「アジアを代表するアイドルになる!!!」という大きな目標を新たなものにしていた。

 第2部のSetlistは以下のとおり

1.わたしのSHYボーイ
2.君に届く風になれ
3.桜の花が咲く頃
4.I’M HOME」日本語Ver.

6月24日、新宿BLAZEにて第2回「つんつべ♂産地直送アイドルフェア in 東京」 が 開催され、東は宮城県気仙沼市の「SCKGIRLS」、西は福岡から 「 HR 」 と、 全国:福岡・広島・名古屋・栃木・宮城 から今注目のアイドルユニット12組が出演した。 この模様はニコニコ公式生放送で中継され、第1部では20,000人、第2部では23,000人以上が視聴した。

オープニングを務めたのは広島から来てくれた歌って踊れるアイドルマジシャン「魔ジッ子☆MOMO組」

つんつべ♂ではおなじみの名古屋のユニット「OS☆U」

東京のギャル系ユニット 「GALDOLL」

メイド喫茶から生まれた 「めろでぃーリアン」

福岡から来てくれた 「HR/エイチアール」

栃木を代表するユニット 「とちおとめ25」

つんつべ♂初登場となる「トーキョーチアチア パーティー/TOKYO Cheer 2 Party」

8月1日発売のシングル「プロデュース」を初披露してくれた 「バクステ外神田一丁目(そとかんだいっちょめ)」選抜。とキャストの皆さん

 宮城県気仙沼市からの産地直送ユニット 「SCK GIRLS」

宮城県仙台市から今回初参戦 の「テクプリ/t.c.princess」

 

つんつべ♂産地直送アイドルフェアと言えば、 「Doll☆Elements」

 

そして今回トリを務めてくれた広島の 「まなみのりさ」

 

 

6月22日、仙台市のライブハウスFLYING SONにて仙台を拠点に活動するアイドルシンガーソングライターみきちゅのワンマンライブ「みきちゅパーティ☆vol.1」が開催された。3ヶ月連続で行われるワンマンライブのキックオフとなる今回はカヴァー曲を含む9曲をみきちゅが熱唱、”ホーム”であるFLYING SONを 埋め尽くした満員の観客を熱狂させた。続きを読む

6月10日、 HMV仙台ロフト にて「怪傑!トロピカル丸」がトーク&握手会を行った。
セカンドシングル「Here We Go!?」発売記念インストアイベントとして東北遠征の最後を締めくくるイベントとなった今回の トーク&握手会、HMVの制服を着たメンバーは多くのファンに囲まれアットホームな雰囲気の中でのイベントとなった。

初の東北仙台への遠征となった怪トロメンバー、 「農業」・「林業」・「漁業」を応援するユニットとして 前日には塩釜市の 寒風沢島にて復興支援として 江戸時代から続く田 んぼの田植え体験を 行い、仙台市内では2日間にわたりインストアミニライブを開催するなど充実した内容の東北遠征だったようだ。

20120610_151356
お題トークでは ライブの感想や宿泊先での裏話など各々のメンバーが楽しいトークを繰り広げ会場は終始笑いに包まれていた。初めて見たという観客も、より深くメンバーの魅力を知ることができたのではないだろうか。トーク&握手会の後には ツーショットチェキ撮影会やサイン会が行われるなどファンサービスに徹したイベントだった。

新譜情報


Here We Go!?(A仕様)
1. Here We Go!?
2. START
3. Here We Go!?(instrumental)
4. START(instrumental)


Here We Go!?(B仕様)
1. Here We Go!?
2. START
3. Here We Go!?(instrumental)
4. START(instrumental)

 

取材協力:  HMV仙台ロフト

6月3日、イオンモール富谷にてステーション♪が東日本大震災復興応援ライブを行った。前日のZEPP Sendaiでのライブから一夜が明け、正規メンバーの加藤一華c、南 寧々cが学業の為お休みという臨時編成での運行ながらもパワフルなライブを見せてくれた。


「鉄道をコンセプトにしたアイドルユニットです! 超特急で走ってまいりますので、みなさん乗り遅れないようにして下さいね!」

20120603_142148
「毎度おおきに~ちょっぴり疲れたら、ゆったりまったり途中下車。
西日本発ステーション♪あーやんこと三江彩花18歳、高校3年生です、兵庫県から来ました」

20120603_142043
「なんとかなる~元気になる~発車のベルがなーるなる、
ステーション♪ なること金城成美、野球大好き高校3年生、リーダーです」

20120603_142343
「生茶じゃないよ、ななちゃだよ。旅のお供なな茶はいかが?
静岡県発ステーション♪ななちゃこと千葉奈々希 高校1年生の15歳です、
早く正規メンバーになれるようにがんばります!」

MCではチャリティや募金活動についても触れ、しっかりとしコメントを残してくれました。

「東日本大震災があって私たちに何か出来ないかなと思って始めた募金活動。
きのう三陸鉄道さんに彩花が代表して届けてきました。これからも出来る事をやっていきたいと思いました」

ライブでは「ススメ。」、「レッツゴー鉄道アイドル」、「記念日に逢いましょう」、「ぐるぐるビーム」の4曲を披露。
関東からも大勢のファンが来て盛り上げてくれた。

CD物販&サイン会も盛況で「また仙台でライブがしたいです!」とのことでした。
そんな彼女達の活動状況は以下のサイトをチェック!!

ステーション♪公式サイト
http://station-info.jp/
ステーション♪公式ブログ
http://ameblo.jp/station-info/

金城成美オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/kinjo-narumi/
加藤一華オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/kato-ichika/
南寧々オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/minami-nene/
三江彩花オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/ayaka0509/

千葉奈々希 オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/nanaki-chiba/


秋田初そして唯一のアイドルユニットとして地元では圧倒的な人気を誇る「pramo」、 秋田県内はもとより最近は仙台でもライブを行うなどかなりの場数を踏んでいる彼女達、新生pramo第2章となりその勢いはますますパワーアップしていた。デビュー曲 『時代をハジメルよっ!』から始まり『踊りまっしょいKOMACHI』、『O-So-Z ROCK!!』の3曲を披露、フレッシュなパフォーマンスにオーディエンスからのレスポンスは東北勢のユニットの中でもいちばん大きかったように感じた。



20120602_192347岩手美少女図鑑から誕生した「CHAIRMAN’S」、メンバーが歌詞と振り付けを考えたという新曲「I’m happy now 」、 しっとりとしたバラード曲 「この星に生まれて」、そしてデビュー曲「冬のOne Side Love」の3曲を披露してくれた、 他ユニットより少し年上らしいオトナなステージパフォーマンス展開とそのルックスはかなり好評だったようで物販も盛況だった。



20120602_194447_01鉄道をコンセプトにした中高生によるユニット「ステーション♪」、早くから震災復興のための募金活動やチャリティーを行い、前日には岩手の 三陸鉄道本社に義援金と応援の寄せ書きを集めたフラッグを届けてきたという彼女達。今回は南寧々cが学業の都合ということで、千葉奈々希cが見習い乗務員として出演するという臨時編成での運行、クオリティの高いステージは東北のアイドルユニットにも大きな影響を与えたようだ。

setlist
ススメ。
レッツゴー鉄道アイドル
君への地図
記念日に逢いましょう
ぐるぐるびぃーむ



20120602_201300
大トリを務めたのは「アップアップガールズ(仮)」その登場に会場は赤サイで埋め尽くされた。ユニット初の仙台イベント、そして地元仙台出身の仙石みなみcの凱旋イベントということで本人の入れ込みようも大変なものだった。体調不良のため森咲樹cを欠くステージとはなったがそのパートもみーこがカバーし圧倒的なパフォーマンスを見せ付けたといっても過言ではないだろう。

Setlist
Going my ↑
バレバレ I LOVE YOU
Rainbow
Danceでバコーン!
お願い魅惑のターゲット



20120707_195124
仙石みなみインタビュー

「仙台のユニットさん見た事無かったんですよ~!地元に何年か振りに帰ってきて宮城にユニットがたくさん出来ていてすごくビックリしました。凱旋イベントという事で一ヶ月以上前からこの日を楽しみに待っていたんですよ。メンバーと一緒に地元のイベントに出れてうれしいです」

メンバーからは

「私たちがこっち(仙台)に来てライブをして、ここでやってる方たちが都内でライブをして相乗効果でお互いステップアップ出来たらいいですね。テクプリさんとも、都内で一緒にライブをしてみたいです!」

 

20120602_204049
グランドフィナーレ
最後は再び大阪ともおの司会進行により、アイドルユニットが勢ぞろいしてのグランドフィナーレが行なわれた。出演者全員からの「最後までお付き合いいただきましてありがとうございました!」との愛のこもったメッセージで多くの笑顔と感動を与えたイベントは、無事終了を迎えた。








Girls for HEART LIGHT SENDAI 完全レポート(1)
Girls for HEART LIGHT SENDAI 完全レポート(2)
Girls for HEART LIGHT SENDAI 完全レポート(3)

昨年のクリスマスSPECIALライブでユニット名を募集していたモカ、アル、ノノカ、ミク、ハルナの5名が 「JEWEL」として初のステージ出演、1曲だけの披露ではあったがまさに『明るい未来』を感じさせる宝石のようなダンス&ヴォーカルモデルユニットだ。 「SPLASH2012」では最年少のモカが リーダーを務めているのも注目だ。


「12ヶ月連続新曲披露公演」開催中の「愛乙女★DOLL」、仙台初出演となる彼女達のステージをいっぱいに使ったパフォーマンスは非常に迫力にあふれるパワフルなものだった、特にインディーズオリコン1位を獲得した「GO!!MY WISH!!」では場内が一体感は最高潮となった。

Setlist
Wake up girls!
エアプレーン
LOVE&PEACE
GO!! MY WISH!!


今回のイベントの発起人である「テクプリ」、一曲目には昨年のターニングポイントになったと言える曲「スキスキスキ」を披露、ハイテンションで可愛らしさを前面に押し出して観客の心を掴んだ。テクプリといえば”観ても楽しい” 質の高い音楽とダンスパフォーマンスも見所で「チョコレートディスティニー」、「ムーンライトフラッシュ」、「青葉城恋唄」 の3曲はまさにそれだ。そして初披露となる新曲「Do it!!」は随所にジャンプパフォーマンスを入れた バリバリのアゲ曲で観客のジャンプにZEPPが揺れた。


年間300本以上のライブをこなす正統派アイドル「小桃音まい」cがついに仙台に初見参!「ラグランジュ★ポイント」、「ねぇ、あのね」の2曲で会場内を 一気にまいにゃカラーに染めた。ZEPPのステージの大きさを感じさせないパフォーマンスはさすがで「なのです☆」では まいにゃ の”最初はこっち!”の掛け声に場内の多くのファンが 右に左に民族大移動、まさか仙台でこれを見ることができるとは・・・「恋愛サーキュレーション」ではファンの皆さんが手をつないで前に後ろへとまたまた大移動、新曲「Magic Kiss」も披露するなど盛りだくさんの内容だった。


震災後に宮城県気仙沼市で結成されたユニット「SCK GIRLS」。気仙沼に笑顔と元気と、そして気仙沼から全国に発信できるご当地アイドルを目指す活動を行っており、東京や仙台でのステージも増えてきている彼女達、 メッセージ性の強いパワフルな楽曲は他のアイドルとは一線を画するもので  「ありがとうの言葉」、「ネバーランド」、「ReGenerasion」の3曲を披露した。

20120626_231142
新進気鋭の宮城出身のシンガーソングライター「安部ひとみ」、”今日は皆様に勇気と元気と希望を届けにきました”という彼女はアイドル然としたルックスからはなかなか想像できないソウルフルな歌声を聴かせてくれた。『ミライノヒカリ」では”みんなで一緒に進んでいこう””という”希望”と”勇気”歌い上げた。今回は時間の関係からかショートバーバージョンでの披露となった『いちばん近くいちばん遠くいちばん儚く』、『少女の幸せ』は乙女の切ない想いが伝わってくる曲でぜひともフルで聞いてほしい。

Hitomi Official Web Site http://www.s-revolution.com/abehitomi/
安部ひとみ オフィシャルブログ http://ameblo.jp/abehitomi/

20120602_190258
”笑顔に会えるアイドル”をコンセプトに、東京・名古屋・大阪でライブ活動をしている「Shohjo隊」、”みんなに笑顔を届けに来ました”という彼女達、デビュー曲の 『笑顔がスキ!』と、東北の皆さんに”会いたかった”ということで『会いたかった』カヴァーを披露してくれた。









Girls for HEART LIGHT SENDAI 完全レポート(1)
Girls for HEART LIGHT SENDAI 完全レポート(2)
Girls for HEART LIGHT SENDAI 完全レポート(3)

6月2日、ZEPP Sendaiにおいて復興チャリティイベント『Girls for HEART LIGHT SENDAI 』が行われた。東北各県で活躍するアイドルが多数集結、東京・大阪で活動するゲストサポーターを加えた 華やかな ステージに多くの観客が酔いしれた。


オープニングではGirls for HEART LIGHT SENDAITシャツを着た各ユニットのリーダーが勢ぞろいした。

出演アーティスト(出演順)

東北発信源ユニットSPLASH 2012(宮城県)
Doll☆Elements(ゲストサポーター)
NYTS(福島県浪江町)
巻っ娘V(宮城県石巻市)
みちのく仙台 ORI☆姫隊(宮城県)
JEWEL(宮城県)
愛乙女★DOLL(ゲストサポーター)
テクプリ(宮城県)
小桃音まい(ゲストサポーター)
SCK GIRLS(宮城県気仙沼市)
安部ひとみ(宮城県)
Shohjo隊(ゲストサポーター)
pramo(秋田県)
CHAIRMAN’S(岩手県)
ステーション♪(ゲストサポーター)
アップアップガールズ(仮)(ゲストサポーター)

 計16組82名


発起人であるテクプリのメンバー、「私達から提案させていただきました!もうほんとにワクワクでドキドキです!」


6時間にわたるビッグステージが今スタート!


トップを飾ったのは「東北発信源ユニットSPLASH 2012」、 テクプリのメンバーも在籍した地元宮城県・仙台市を代表する小中学生7人のユニットだ。気持ち的に難しい順番ながらもキャッチーな宮城の応援ソング『それいけ!みちのく』で場内を盛り上げ、続けて『初恋占い60%』、『キズナ~You’re my best friend~』を披露。新曲『あいのうた』では早くも観客との一体感が生まれていた。









ゲストサポーターのトップを飾ったのは愛乙女★DOLL3期研究生ユニットとして昨年デビューした5人組ユニット、『Doll☆Elements』 ファーストワンマンライブでは渋谷WWWで230名以上の動員を記録。早くもTokyo Idol Festival 2012への出演が決定するなど注目のユニット、ステージが狭く見えるほどのパワフルなパフォーマンスに場内は早くも沸点を迎えたかの様なヒートアップ振りだった。

setlist
☆U☆
流れ星
壊して、純情
君とゆびきり








福島県浪江町で地元の名物 「浪江焼きそば」 PRのために地元と女の子達で結成されたユニット 「NYTS」、震災後はメンバーがばらばらの場所に避難することになり集まることが難しい中でも活動を続け、浪江のPRだけではなく福島の人々を元気付けるアイドルを目指している。今回は根音・奈緒・瑠香・あかり4人での出演となったが元気なステージを見せてくれた。

Setlist
ステップアップナイツ
それゆけ浪江
恋する焼きそば









同じく、 震災で大きな被害を受けた 宮城県石巻市からは「巻っ娘V」が出演、石巻やきそばのPRソング 『YA・KI・SO・BA』のほか、『ラブビーンズ・ネバーランド』を披露。そして石巻のPRソング『きてみらい~んチョイト石巻』では場内が一気に祭りの雰囲気に包まれた。







 
地元仙台でも人気急上昇中の「みちのく仙台 ORI☆姫隊」、特技披露やコーナー、様々な趣向を凝らしたエンターテイメント性の高い「魅せる」演出は好評ったようだ。デビュー曲『私のSHYボーイ』と今年4月に行われたベトナム公演のための楽曲『桜の花が咲く頃』に加えダンスパフォーマンス、東日本大震災復興支援ソング『I’m home』を披露するという盛りだくさんの内容だった。








Girls for HEART LIGHT SENDAI 完全レポート(1)
Girls for HEART LIGHT SENDAI 完全レポート(2)
Girls for HEART LIGHT SENDAI 完全レポート(3)

5月26日、タワーレコード仙台パルコ店にて東北発信源ユニットSPLASH2012がインストアイベントを行い、新曲「あいのうた」を含む4曲を披露した。
ミニライブの後には6月20日にリリースが決まった5枚目のシングルCD『キズナ~You’re my best friend~』の予約会が行われ、予約者にはスペシャル特典としてメンバーとの2ショット撮影会が行われた。

(前列左から) KOTOMI 、KIRARA、  MAKI
(後列左から) SAYAKA、 MOKA 、SABINA、 AMI

現メンバーでは初、SPLASHとしては3年半ぶりのCDリリースということもあってか、会場にはリリースを待ちわびる多くのファンが訪れていた。
MCではSPLASHも出演が決定している『Girls for HEART LIGHT SENDAI』の告知が行われ、「東北を元気にする、復興チャリティイベントです!」と元気なパフォーマンスでアピールしていた。

SPLASH(スプラッシュ)は宮城県・仙台市の小中学生・高校生の女の子によるボーカル&ダンスユニット、「東北発信源ユニット」をキャッチコピーに地域交流・貢献を活動目的としている。MORADO COMPANY所属。
『Girls for HEART LIGHT SENDAI』は2012年6月2日にZepp仙台で開催される、東北各地で活動するアイドルユニットとゲストサポーター16組が出演し、ご当地B級グルメの販売等の復興支援コーナーが設けられ、トークショーが行われるなど子供たちから大人までが笑顔になれる復興チャリティーイベント。

関連リンク

MAKE A SPLASH
(公式ブログ) http://splash.da-te.jp/

HEART LIGHT SENDAI
公式サイト http://heartlightsendai.com/

 

photo&text:IKE

5月13日、仙台・クリスロード商店街内で開催されている『仙台縁日』にて、
『Girls for HEART LIGHT SENDAI 』イベント告知&ミニライブ が発案者である
テクプリ」と、出演が決まっている「みちのく仙台ORI★姫隊」によって行われました。

地元仙台でのミニライブは久しぶりとなる「テクプリ」、この日を待ちわびた地元ファンも多かったのではないでしょうか?東京で数多くのライブイベントをこなす彼女達、オープニングの「青葉城恋唄」を含め5曲を披露、一体感のある素晴らしいライブでした。

先日の仙台国際ハーフマラソンのプレイベント「ハーフEXPO」でも素晴らしいステージを見せてくれた「みちのく仙台ORI★姫隊」、デビュー曲「わたしのShy Boy」、「桜の花が咲く頃」、「I’m home」の3曲を披露、CD発売を6/2に控えた彼女達、毎回レベルアップが著しいステージは必見です。

 

テクプリ」、「みちのく仙台ORI★姫隊」が出演する『Girls for HEART LIGHT SENDAI 』東北各地で活動するアイドルユニットとゲストサポーター16組が出演、ご当地B級グルメの販売等の復興支援コーナー、トークショーなど子供たちから大人までが笑顔になれる復興チャリティーイベントです。

<出演者>
pramo、Chairman’s、SCK GIRLS、
巻っ娘V、安部ひとみ、
みちのく仙台 ORI☆姫隊、Jewel
東北発信源ユニットSPLASH 2012、
テクプリ、NYTS
<ゲストサポーター>
ステーション♪、小桃音まい、
アップアップガールズ(仮)、Shohjo隊
Doll☆Elements、愛乙女★DOLL
<メインMC>
大坂ともお

関連リンク
 HEART LIGHT SENDAI 公式サイト
http://heartlightsendai.com/

チケット販売はこちら
Girls for Heart Light SENDAI

 

photo&text:IKE

5月2日、 ”Hello,Smile-ミライノヒカリ-”でCDデビューを果たした安部ひとみ
が宮城・山形県内のイオン・スクラム各店でインストアライブイベントを行っている。

澄んだ中にも潤いを含んだ歌声、自らの体験をも踏まえたものだという切なさと想い、そして希望に溢れた詞はしっかりと自分の世界観を持ったもので”正統派シンガーソング ライター&ヴォーカリスト”というキャッチも頷けるもの。

6月2日に宮城県仙台市、Zepp仙台で行われる復興チャリティーイベント 『Girls for HEART LIGHT SENDAI 』 への出演も決まっている 安部ひとみc 、ぜひとも彼女の魅力に触れてみていただきたいと思う。

関連サイト

安部ひとみ Offcial Web Site
http://www.s-revolution.com/abehitomi/
安部ひとみのオフィシャルブログ
http://ameblo.jp/abehitomi/

HEART LIGHT SENDAI
 公式サイト
http://heartlightsendai.com/
チケット販売はこちら
Girls for Heart Light SENDAI



5月6日、 福島県福島市、AXC福島6F STUDIO WGS84 において行われた
「1LDK 企画 landscape~Are you ready~」Loveit!が出演、オリジナル新曲
”Re:スタート”を含めた4曲とダンスパフォーマンスを披露した、会場には多くのファンが集結し大きな盛り上がりを見せていた。






setlist

気まぐれロマンティック
イェイ! イェイ! イェイ!
ジェニーはご機嫌ななめ
Re:スタート

ハプニングにも上手く対応し、しっかりとしたパフォーマンスを見せてくれたLoveit!、地元メディアにも注目されつつある彼女達、夏に向けもうひとつの新曲のレッスンも頑張っていくとのことだった

 左から 佐川 藍彩(リーダー)、 黒田 光、吉田 向日葵、 葛城 友賀 、 高橋 夢彩
彼女たちの「今」は公式ブログとサイトをチェック!

関連リンク
福島県ご当地アイドル 『Loveit!(ラビット)』

福島のご当地アイドル「Loveit!」公式ブログ
「Loveit!」OFFICIAL blog  http://ameblo.jp/loveit-fukushima/

ギャラリー

5月6日、イオン気仙沼屋上駐車場特設会場にてSCK GIRLSのミニライブが行われた。
出演したメンバーはさとみりせ、まりか、りかこ、りの、ありさ、あかり、れいかの8名、MCはありさとあかりが務めた。あかり「いつも遊びに来てるイオンでライブをやるとは思わなかったので、テンション↑↑です」


setlist
ありがとうの言葉
Never Land
ReGenerasion
 

恒例となった自己紹介と今したい事、やりたい事 の発表はますますパワーアップし暴走気味に?笑顔が溢れるものとなった。

最近ブログを始めたという ありさc「東京ガールズコレクションのステージで思いっきり逆立ちしたいです」(?) とのこと、  「太陽が苦手なので、今日の天気はいい天気ですね」というまりかc「ゴールデンボンバーのダンスを全力で覚えて皆で
やりたいです」との事だった。

イメージチェンジでツインテールにしたというリーダーのさとみc
「カラオケに10時間位居座りたい」 、バレー部に入ったという りのc はショートカットにイメージチェンジ、 「買い物とバレー、あと温泉に行きたいです」 とバレーにハマっている事をアピール。

こびと大好き人間のりかこc 「ヌンチャクの修行をしたい」 (!)とのこと、サブリーダーのりせcは得意のクレヨンしんちゃんのモノマネで自己紹介、今やりたいことは 「車の免許を取りたい」事だという。

すっかり 唐揚げ にハマっているあかりcは得意の倖田來未のモノマネを「本人の前でしてみたい」 とのこと、寝ることが大好きだというれいかc「空を飛びたいです」と壮大な夢を語ってくれた。

2部の後半から小雨がぱらつき始め、物販の終わりごろには雷雨となるあいにくの天候であったが青森や関東からもファンが駆けつけ、ライブ・物販とも盛況のうちに終わった。

彼女達の笑顔に会いにぜひともイベントに行って見て欲しい

5月20日(日)14:20~
せんまや気仙沼街道まつり
岩手県一関市千厩町千厩四日町

5月27日(日)12:00~/14:00~
岩手県 猊鼻渓にぎわい祭り
岩手県一関市東山町長坂町

6月2日(土)開場14:00/開演15:00
Girls for HEART LIGHT SENDAI 出演
Zeep仙台  前売  ¥3,000



 

関連リンク

SCK GIRLS Official Web Site 公式サイト

SCK GIRLS りせブロ メンバー公式ブログ
SCK GIRLS りかこブロ メンバー公式ブログ
SCK GIRLS さとみブロ メンバー公式ブログ
SCK GIRLS ありさブロ メンバー公式ブログ
SCK GIRLS りのブロ メンバー公式ブログ

SCK GIRLSは2011年10月に結成された気仙沼のアイドルグループ

5月5日、仙台市・勾当台公園野外音楽堂で行われた 『Live Impact Vol.13』
仙台発のガールズユニット Sweet Darling (すいーと だーりんぐ)が出演、
6曲を披露し多くの観客を沸かせた。

ゆっち

ゆぃ

まぁ


4曲目の”Pray”からは新メンバーの『なな』が登場し力強い歌声を聞かせてくれた。

なな

続けて出演した仙台発のPOP&ROCKバンドriv.@(リバ)のステージでは
”GO! GO! MANIAC”でのコラボが実現。

Setlist
DISCOTHEQUE
ふわふわ時間(タイム)
-mc-
Don’t say “lazy”
Pray
-mc-
ぴゅあぴゅあはーと

with riv.@
GO! GO! MANIAC



Sweet Darling では現在新メンバーを募集中。
メンバーのゆぃはニックネームを募集中とのこと。

夏のオリジナル新曲発表に向けて、更なるレッスンとライブ出演を続けていくとのことで
これからの成長が楽しみなユニットだ、彼女たちのライブ情報は公式ブログをチェック!

関連リンク

Sweet Darling official blog
あるてぃめいと すいーと だーりんぐ

 

ギャラリー

5月3日、仙台駅西口ペデストリアンデッキ上にて生中継された宮城テレビの夕方ワイド番組 「OH!バンデス」のコーナー「 伝言板デス!」「テクプリ」が出演し6月2日に開催される復興チャリティイベント『Girls for HEART LIGHT SENDAI 』の告知を行った。

 一人でも多くの人たちに笑顔になって欲しいと企画されたこのイベントではステージパフォーマンスのほか被災地支援の物産店でのご当地グルメ、グッズの販売やアイドルユニットの募金活動などが行われるとのこと。

東北の復興の一助にしたいという発案者の「テクプリ」、あいにくの天気の中での生中継ではあったがしっかりとイベントの開催をアピールできたようだ。

ゲストサポーターとして小桃音まい、アップアップガールズ(仮)、shohjo隊、 Doll☆Elements 、愛乙女★DOLLの出演が発表されるなど、まだまだ出演者は増えるとのこと。東北で頑張るアイドル達、ゲストサポーターと笑顔になれること必至のイベントをぜひとも 楽しんで欲しい。

『Girls for HEART LIGHT SENDAI 』
2012年6月2日(土)
開場14:00 開演15:00
前売¥3000 当日¥3500 (D別¥500)
Lコード:25811 http://l-tike.com/

出演:
pramo (秋田県)
Chairman’s (岩手県)
SCK GIRLS (宮城県気仙沼市)
巻っ娘V (宮城県石巻市)
安部ひとみ (宮城県)
みちのく仙台ORI☆姫隊 (宮城県)
Jewel (宮城県)
東北発信源ユニットSPLASH2012 (宮城県)
テクプリ (宮城県)
NYTS (福島県浪江町)

ゲストサポーター:
ステーション♪
小桃音まい
アップアップガールズ(仮)
Shohjo隊
Doll☆Elements
愛乙女★DOLL

関連リンク
 HEART LIGHT SENDAI 公式サイト
http://heartlightsendai.com/

– photo&text -

 2011年、秋田初のアイドルグループとして始動したpramo(プラモ)、2012年4月には初の県外でのライブを行った彼女達がメンバーの卒業・新メンバー加入を経て第2章の活動を開始したということで、地元秋田でのイベントを取材してきた。続きを読む

4月7日、ヒルサイドショップス&アウトレット中庭ステージで行われた『HILLSIDE MUSIC FESTIVAL』VIC:CESSが出演した。今回で4回目の来県となるVIC:CESS、雪が降ったり止んだりと寒さが身にしみる天気であったが元気なパフォーマンスをみせてくれた。


MAO「雪の中ライブするのは初めてで、楽しくてテンション上がってます」

MIHO「久しぶりの仙台で、すごく楽しみにして来ました。」

KANA「岩手県野田村出身で東北の地でライブが出来るのが嬉しく思います。

 外は雪が降ってきて寒いですが、熱いステージを届けられたらと思います」

MANA 「雪にも負けず元気いっぱい踊りたいと思うので是非最後まで聞いていって下さい」

setlist:
01 「Daybreak」
02 「CROSSROAD」
03 「GET READY」
04 「Reality」
05 「in coloful world」

MCでは「今日はマナの誕生日です」とのコメントと、メンバーとファンからの「HAPPY BIRTHDAY TO YOU~」の歌のプレゼントが。
「泣かさないで~」と、MANAも感動している様子だった。

MANA  結成してからメンバーと過ごす2回目の誕生日です。3回目もメンバーと迎えたい」

 物販時には完全な雪模様となったが現場のスタッフへの気遣いやファンサービスは素晴らしいものだった。 盛岡、茨城、東京、遠くは名古屋から駆けつけたファンもいたとのことで VIC:CESS の人気振りがうかがえた。

これからのVIC:CESSの活動はオフィシャルブログを要チェック!

関連リンク

レインボータウンFM  「VIC:CESSの江東上陸作戦! 」
毎月第4火曜日20:00~21:00公開生放送 http://www.792fm.com/

VIC:CESSは90年代の王道ダンスポップスを忠実に再現するダンスボーカルユニット

4月1日に行われた台原フォレストパーク音楽祭にて、仙台発のガールズユニット『Sweet Draling』のライブが行われた。3回目だという野外ライブはあいにくの空模様となり風も出てきたが、 「ふわふわ時間」、 「ぴゅあぴゅあはーと」を含む6曲を披露、魅力的なステージを見せてくれた。

 setlist

01  Don’t say “lazy”
02  ときめきシュガー
 MC
03  ふわふわ時間
04  U&I
05  ぴゅあぴゅあはーと
アンコール
06  Pray

メンバーが受験を終え、再び活発に動き始めた彼女達。

まぁ  「ネコが大大大好きな、まぁです」

ゆっち 「来週からJKと呼ばれる女子高生になります、ゆっちです」

ゆい  「豆乳が大好きな16歳のゆいです」

 ゆっち「もっともっと上を目指していきます。応援しに来て下さい」

次回のライブは5月5日、勾当台公園野外音楽堂で行うとのことで、夏頃からはオリジナル曲に移行しての本格活動を考えているという。
彼女達のパフォーマンスをぜひ観に行ってはいかがだろうか?

関連リンク

Sweet Darling official blog
あるてぃめいと すいーと だーりんぐ

 

Expired 掲載期限切れ

 この記事は,掲載期限を過ぎましたので本サーバから削除されました。

[amazonjs asin=”B00H8NIHWA” locale=”JP” title=”STARTING OVER (通常盤)”]
[amazonjs asin=”B00H8NIHYI” locale=”JP” title=”STARTING OVER (ALUBUM+DVD)”]
[amazonjs asin=”B00EDI82G4″ locale=”JP” title=”ASIAN STONE (TYPE-A) (CD+DVD)”]
[amazonjs asin=”B00EDI847G” locale=”JP” title=”ASIAN STONE (TYPE-B) (CD+DVD)”]
[amazonjs asin=”B00EDI847Q” locale=”JP” title=”ASIAN STONE (Type-C)”]

 

 

 3月25日、人気急上昇中のドロシーリトルハッピーが、HMV仙台ロフトにてインストアライブを開催しました。およそ4ヶ月ぶり3回目となった同店でのライブには100人を超えるファンが集結、 店内を埋め尽くすファンの前でドロシーリトルハッピーは新曲『ナミダよりずっと速く』など4曲を熱唱。振り付け講座 やサイン入りポスターの抽選会が行われるなどファンサービスに溢れるライブイベントとなりました。続きを読む

東日本大震災から1年が経った3月11日、震災の只中にいた東北地方の「テクプリ」(宮城県)を筆頭に、北海道から九州まで全国から13組のアイドルが東京・六本木Bee Hive に集結、震災復興チャリティーイベント「3.11三陸鉄道チャリティーLIVE」を開催した。

発起人となったのは中高生アイドル「ステーション♪」。
本公演の収益の一部、秋葉原駅前募金活動、ライブ中に設置している募金箱で集めた募金は、未だ運行の見通しのたっていない南リアス線の三陸鉄道株式会社へ復興募金として5月にステーション♪が応援フラッグと一緒に直接手渡しするとのこと。
リーダーの金城成美は「震災から1年を前に、「ステーション♪」で何か出来ることはないかと考えて、私たちが鉄道をコンセプトにしたアイドルユニットということで、一番被害が大きかった三陸鉄道さんへ寄付をすることにしました。 これまで秋葉原などでさまざまな募金活動をしてきて、今回ここでみなさんに集まっていただいてライブが実現しました」と感謝のコメント。

地元でのイベント開催を求める声や、イベントへの参加自粛を求めるファンの声もあったりと、今回のイベント参加にあたっては葛藤もあったというテクプリ。

RIKA「今回は正直なところ1年目の当日ということもあり、本当に悩みました。ここに来るべきなのか、仙台に居た方がいいのか……。メンバーと話し合った結果、私たちに出来ることを少しずつでもやろうと、ここに来ました。」

RIKA「被災地では本当にたくさんの支援を全国から受けました。その感謝の気持ちを私たちなりにステージ上で最高のパフォーマンスで魅せることだと考えました。今、私たちにできることは最高のパフォーマンスをすることだと思っています。」

RIKA「まだ海岸部には本当に悲惨な状態が残っています。私たちが普通に遊んでいた公園や広場にはガレキがあったりするのが現状です。本当に大変な人たちこそ今前を向いてるので、私たちも前を向こうというメッセージを発信していければと思っています。そして「私たちのステージを通してファンの方への『本当にありがとう』と言う感謝の想いだったり、東北の人への頑張っているよという姿をお見せできればなと思っています。」

また、「全国からの皆さんを東北に呼んでライブをしようという計画も今立てています。そちらも注目してください」との言葉には歓声が上がった。

今回のイベントに参加した全メンバーのサイン・寄せ書きを記した「東北応援フラッグ」は、後日チャリティーオークションとして出品し、収益を全額寄付することが発表されている。

 

【3.11三陸鉄道チャリティーLIVE出演者】
JK21(大阪)
テクプリ(宮城)
青春女子学園(福岡)
ほいっぷ★Girls(北海道)
ぷりんせす♪りぼん(静岡)
ミラクル(静岡)
H&A.(静岡)
ステーション♪(東京)
Pieace(埼玉)
拳銃少女(東京)
MYM Melody(東京)
Toki☆Doki(東京)
hy4_4yh(東京)

  • 今後のライブ出演予定

    テクプリ・ワンマンミニライブ
    2012年4月1日(日) 東京・池袋ビッグバンボックス
    第1部 11:00 開演予定(開場は開演の15分前を予定)
    第2部 14:00 開演予定(開場は開演の15分前を予定)
    入場無料/退場有料(投げ銭方式)入場チケットは事前に発行。
    ファンクラブ会員優先入場有
    詳細 http://teepot.jp/techpri_event/
      • 大宮 春のアイドル祭り
        2012年3月25日(日)  HMV 大宮ロフト店イベントスペース
        http://www.hmv.co.jp/store/OML/
        15:30 各組ミニライブ開始  (持ち時間30分予定)
        17:00 各組ミニライブ終了
        17:15 握手会等開始
        18:30 握手会等終了
        入場フリー:物販購入者に優先入場整理券配布

初の全国流通CDとなるベストアルバム
「Sentimental Diamond」

 3月21日(水)発売!
PC: EARLY BEST : sentimental diamond
Mobile: EARLY BEST : sentimental diamond


3月10日、福島市街なか広場において開催された全国学生復興・追悼イベント「JASP in FUKUSHIMA」復興ステージにLoveit!が出演した。新メンバーを加えての初披露となるステージには福島発のアイドルを待ちわびた多くのファンが集まり歓声を上げていた。

リーダーの佐川藍彩(さがわあいさ)


吉田向日葵(よしだひまわり)

黒田 光(くろだひかる)


葛城友賀(かつらぎゆか)

高橋夢彩(たかはし めい)

今回は曲の準備がまだ出来ていないということでダンスパフォーマンスと自己紹介のみのステージであったが、集まった多くの人にアピール出来ていたように思われた。また、初となる物販とファンとの交流は好評を得ていた。


限定品のプリクラ入り缶バッジは瞬く間に売り切れとなった

関連リンク

「Loveit!」OFFICIAL blog 福島のご当地アイドル「Loveit!」公式ブログ

Loveit! 携帯用ホームページ 

 


秋田在住のアイドルグループ pramo が、3月4日に 秋田フォーラスにて新曲発売イベント を行った。

pramoにとってセカンドシングル発売記念となった今回のイベントには、秋田県内外から会場に収まりきらないほどの多くのファンが詰めかけた。5人は熱い声援に応え、新曲「ツボミ~一期一会~」「O-So-Z ROCK!!」、デビュー曲「時代をハジメルよっ!」3曲を熱唱した。

MC冒頭ではSONOKAとMIYUの高校卒業が報告されファンから温かい祝福を受けていた。笑ったり泣いたりと双方対照的な卒業式だったとのこと。

新曲 「ツボミ~一期一会~」は卒業と新しい出会いをイメージした曲とのことで、MIYUから「つぼみが開いたり閉じたり、新しい花を咲かせたりするんですけど、それが誕生というか、人間も同じことを繰り返している出会いと別れの曲です。すごく切なくて悲しくなっちゃうかもしれないんですけど、笑顔で聴いてください」との曲紹介があった。




ファッションの話からMAYUの部屋の片付けの話、そこからもうひとつの新曲 「O-So-Z ROCK!!」の曲紹介に。軽快なロックサウンドのこの曲は掃除の際についつい口ずさんでしまいそうな良曲だ。

タワーレコード秋田フォーラス店の猛PUSH!はアイドルコーナーの半分以上を占め、地元に愛されるアイドルを感じるものだ。

 

 

pramoはこの後、3月25日に 仙台駅前EBeanS にて グランドオープンイベントへの出演が決定している。また、3月31日には地元秋田の秋田フォーラスにて SONOKA・MIYU卒業ライブ&新メンバー発表イベント を行い、新体制でのスタートが発表されている。

地元秋田では圧倒的な認知度&人気度を誇るpramo、初の来仙となる今回のイベントでpramoの溢れるパワーをぜひともチェックしてみて欲しい。


今後のイベント

3月 25日(日)  仙台駅前EBeanS グランドオープン ステージ出演
12:00 ~ 12:30 (1部)
15:00 ~ 15:30 (2部)
場所 仙台駅前EBeanS 4F杜のガーデンテラス http://e-bf.jp/e_beans/

3月 31日(土)  SONOKA・MIYU卒業ライブ&新メンバー発表イベント
14:00 ~ 15:00 http://praco-web.jp/pramo/news/939/
場所 秋田フォーラス B1F http://www.forus.co.jp/akita/

 

関連リンク

pramo・公式サイト http://praco-web.jp/pramo/
メンバー公式ブログ(SONOKA) そのっちブログ
メンバー公式ブログ(MIYU) みゅーすぺーぱー☆
メンバー公式ブログ(KOMUGI) こむ・コム・スマイルブログ
メンバー公式ブログ(SEREN) せれんブログ
メンバー公式ブログ(MAYU) ーちゃんブログ

 

ギャラリー

初の仙台でのステージに向けてメンバーからメッセージ

message from SONOKA
message from MIYU
message from KOMUGI
message from SEREN
message from MAYU

3月10日、宮城県気仙沼市、魚町にて行なわれた復興イベント
 『魚町っつぁもどっぺす!』イベントステージにSCK45が出演しました。

今回のステージではイオンから提供を受けたという新衣装と新メンバーを披露、メンバーの喜びを隠せない表情がよかったですね。新メンバーのみおんc、れいかcも2度のレッスンで振りをマスターしたとのことでグループ内のポジション争いも激しくなりそうな気配です。この緊張感がより良いステージへと繋がるといいですね。


新メンバーのみおんc、れいかc

チーム小林47さんよりステージの模様の動画がアップされています。

SCK45 魚町っつぁもどっぺす!イベントステージ1/2

SCK45 魚町っつぁもどっぺす!イベントステージ2/2

ギャラリー

関連リンク

SCK45 Official Web Site

SCK45 Official Blog

3月4日、 気仙沼復興商店街 紫市場で行われた「つながろう大槌・気仙沼」イベントのステージにSCK45が出演しました!

今回はサトミc、リセc、カオルコc、アカリcの4人、ミニマム Ver. でのステージとなりました。
寒いので上着着用、こんな雰囲気も”ならでは”ですね。
サトミ 「今日は少人数で頑張りたいと思います」

1曲目は  「ありがとうの言葉」

今回の メンバー紹介は?

サトミ 「明るく、楽しく、元気良く! 今日も精一杯頑張ります」

カオルコ 「今日で15歳を迎えるカオルコです」 

アカリ 「今年の春から中学生になります」

リセ 「本日もご陽気に、ハイテンションで頑張ります」

リセ 「(メンバーの)予定がカブってしまいまして、本日は4人だけです」

リセ&サトミ 「カオルコちゃん、お誕生日おめでとう。15歳…若いねぇ、戻りたいねぇ…」

というコメントには会場から笑いが起きました。

2曲目は  「Regeneration」

サトミ 「まだまだ寒い日が続くので皆さん風邪を引かないようにして下さい。今日は本当にありがとうございました」

 

気仙沼の情報誌「浜らいん」3月号に SCK45 が掲載されました。
ユニット結成のいきさつや、今までの活動記録、メンバー紹介など写真満載で特集されてます。書店等で配布しているとのことで欲しい方は是非、気仙沼へ。

 

 

 

 

 

 

 

次回のイベント出演予定は?

3月10日(土) 魚町っつぁ帰っぺす出演 気仙沼市魚町スーパー脇駐車場
出演は11:00~と16:20~、2回のステージとなっています。


関連記事
https://siig-sendai.com/wp/category/sck45/

 

2月26日、Glad2周年アニバーサリーイベント『ROLL TOGETHER』特大版が開催された。Glad、VUENOS、LOUNGE NEO、3つの開場での連動開催には60組余のアイドル・ユニットが招集され 大きな盛り上がりを見せていた。続きを読む

2月26日、大堀会復活祭のステージにSCK45が再び出演しました!
オープニングではリノcが「1曲目のありがとうの言葉は盛り上がる曲なのでみなさんも是非盛り上がって楽しんで下さい」とコメント。
今回のメンバー紹介はこんな感じ。

 リノ 「見た目は中高生、しゃべると小学生とよく言われる12歳のリノです。
 今日は小学生らしく元気で頑張りたいと思います」

  アリサ 「好きな食べ物は、するめいかです。今日も元気いっぱい頑張りたいと
 思います」

 スズカ 「最近、髪を切りました。元気いっぱい頑張ります」

  マリカ 「ただのアイドルには興味ありません。アイドルに革命を起こします」

  リカコ 「ギターにハマっている、リカコです」

  カオルコ 「最近の趣味は料理を作る事で、みんなに食べてもらうのが
 好きなカオルコです」

アカリ 「いつもマイクがある事を忘れてしまう、アカリです」

  リセ  「歩こう~ 歩こう~リセちゃん元気~(となりのトトロの散歩の替え歌で)
 こんなんでもSCKのサブリーダーやってます、リセです」
リセc&リノcのダブルMCはかなりいい感じ。
  リセ 「ダンスのアヤカ先生にRegenerationの振り付けをさらにアレンジして
 いただいたので、注目して見て下さい」
 2曲目  は 「Regeneration」を披露しました。
缶バッチとストラップの物販、神降臨!ということで完売した模様です。

次回のステージ出演は
 3月4日(日)  気仙沼市南町紫市場 です。

 

2月11日、 「喜多方蔵の里」イベント蔵 にて「AKTアラウンド20′S(トゥエンティーズ)」 オーディションが行われました。喜多方市の魅力を全国に発信するご当地アイドルを生み出すこのプロジェクト、「市内在住か、ゆかりのある10代、20代の男女」という募集基準には10~16歳の女性22名が  1部での歌の審査、2部でのダンスとパフォーマンスの審査を受けました。

歌の審査では緊張の為か本来の実力を出し切れない候補者もいましたが、 ダンスとパフォーマンス では笑顔も見ることができました、朗読や英会話などさまざまなパフォーマンスを見せる候補者もおり、バラエティ豊かなオーディションとなりました。

審査員の厳正な審査を経て、 「AKTアラウンド20′S(トゥエンティーズ)」 のスターティングメンバー12名が選出されました。

今回決定したメンバーはヴォイストレーニングやダンスレッスンを積んで、3月には早くもお披露目があるとのことです。

2011年4月に結成したダンス&ボーカルユニット、VIC:CESSが2月11日にイオン泉大沢ショッピングセンター、2月12日にはイオンモール石巻にて新春ライブを行った。

5度目の来県となった今回のライブ、「東北が VIC:CESSのスタートの地なので、またこうして東北でライブが出来て嬉しい。」とのことで、岩手出身のカナも猛烈アピール!

春を先取りしたピンクとブルーの衣装もクールな印象でファンからも好評だった。

VIC:CESSは90年代の王道ダンスポップスを忠実に再現するダンスボーカルユニット

2/11 イオン泉大沢ショッピングセンター セットリスト
1部

  • 01  Daybreak
  • 02  Night Sky
  • 03  ~MC メンバー紹介~
  • 04  GET READY
  • 05  LIFE
  • 06  ~MC~
  • 07  BRAND NEW WORLD

2部

  • 01  CROSSROAD
  • 02  MC
  • 03  BRAND NEW WORLD
  • 04  LIFE
  • 05  MC
  • 06  GET READY
  • 07  in colorful world

ギャラリー

関連動画

関連リンク

<text&photo by Kei >

SCK45 大堀会復活祭ステージ

SCK45 大堀会復活祭ステージ1月29日、気仙沼市にて開催された大堀会復活祭のステージにSCK45が出演しました!
寒風が吹く中、渾身のパフォーマンスを見せてくれました。

SCK45 大堀会復活祭ステージ

頬を真っ赤にしながらもステージに頑張るメンバーの姿は皆さんの心に響いたと思います。
物販やファンとの交流も好評でした。

ギャラリー

次回出演は佐沼の「ビートポップスタジオ」でのバレンタインライブ(19:00スタート)です。

あの『LIVE福島』へのアンサーライヴとなる『DIVE福島』が郡山市のライヴハウス「CLUB#9」で地元で活動するアマチュアアーティストを集め開催されました、オープニングアクトを務めたのは福島を盛り上げるべく結成されたアイドルグループ「Loveit!(ラビット)」、早くもアイドルとしての輝きを見せ始めた彼女たちの初ステージの様子をお届けするために取材班は『DIVE福島』にダイヴしてきました。続きを読む

 1月14日、みちのく仙台ORI☆姫隊が石巻で新春ライブを行い2012年の活動をスタートしました!イオンモール石巻1F緑の広場ではステージ上でラジオ石巻の生放送にゲストとして出演しライブ告知とメンバー紹介を行いました。

メンバーの可愛らしさが引き立つ和と洋のミックスされた新衣装は好評でした。

メンバー紹介では「今の気持ち、これからの気持ちを字にしたためました。」と習字を披露
NODOKA(夢)「アジアを代表するアイドルなりたい」、RINA(挑)「今年は、バク転と前方転回に挑戦します!」
じゃんけん大会が行われ、ひとりにお気に入りのメンバーの書初めをプレゼントといったファンには嬉しい
イベントとなりました。
曲は「わたしのshyboy」、「I’m home」、そして新曲「桜の花が咲く頃」が披露されました。
「4月のベトナム公演でも披露してきます」との事。
客席で子供たちが振り付けをまねて踊りだすなど、楽しい雰囲気のイベントとなっていました。

ホット横丁石巻のイベントでは物販や撮影会なども行われ関東から訪れたファンを喜ばせていました。
新曲の評判もよく、これからの活動がますます楽しみになって来ましたね。



関連リンク
みちのく仙台ORI☆姫隊 公式ホームページ
http://orihimetai.com/
みちのく仙台ORI☆姫隊Blog
http://ameblo.jp/orihimetai/

今回は残念ながらリカコc、アリサc、リノcが欠席

新メンバーのナナコcとアカリcの二人が初ステージを踏みました。

メンバー紹介では各々のキャッチフレーズが付き、より印象が強くなったと思います。

 サトミ 「ポジティブ思考がウリのサトミです!」

 ナミ  「ちょっと恥ずかしがり屋なナミです。変顔が得意です!」

 マリカ 「見た目は子供、頭脳も子供。それは名探偵マリカ!」

 ナナコ 「初めてのステージでとても緊張しているナナコです!」

 スズカ 「常にマイペース、スズカです!」

 カオルコ 「いつもドジってばかりのカオルコです!」

 アカリ 「緊張しまくりのアカリです!」

 リセ  「真っ赤なお鼻の、照れ屋なリセちゃん。17才のリセです!」

スズカcはちょっと風邪をひいていたようですが、

ノリノリなリセcとインパクト大のメンバー紹介になりました。

新メンバーは次回までにはキャッチフレーズが出来ていると思います。

お休みだったメンバーのキャッチフレーズも楽しみですね。

そして、寒い中での「ありがとうの言葉」、「Regeneration」の披露。

アンコールの声も上がり、もう一度「ありがとうの言葉」を披露しました。

記念すべき10回目のステージ。

 サトミ 「10回目でも緊張します」

 アカリ 「とても緊張したけど、楽しくやれたので良かったです」

 ナナコ 「とても楽しかったです」

とのコメントを残してくれました。

これからの、そして来年のSCK45の成長と展開が楽しみですね。

新メンバーのアカリc(左)、ナナコc(右)

 <Text & Photo = Kei>

12月18日、SCK45が遂に仙台のライヴハウスMACANAのステージを踏んだ。
siigのブログ
仙台の数々の音楽シーンの歴史を刻んできたMACANAも今回の震災で営業の中断・
移転を余儀なくされたが、よりパワーアップしてのリニューアルオープン。
そしてSCK45がトップバッターを務めた今回のライブ、
”「MSCの輪」PRESENTS SOUND BOUTIQUE -WE ARE STILL STANDING-”
には、震災で音楽・バンド活動に支障が出てしまった被災地の少年・少女達を支援するという
目的があることをお伝えしたい。
詳しくはこちらから
WE ARE STILL STANDING プロジェクト http://www.odjapan.com/wass.html
MCS(宮城カルチャー支援)の輪公式HP http://soundboutique.grupo.jp/

siigのブログ
siigのブログ
siigのブログ
siigのブログ
siigのブログ
siigのブログ
siigのブログ
”ハコ”でのライブ出演は初めてで緊張も有ったとのことだが、メンバーからの「楽しかった」という感想も
多かったのでこれからの活動が楽しみである。
siigのブログ
siigのブログ  
siigのブログ
 
siigのブログ

siigのブログ

siigのブログ

「ありがとうの言葉」は歌もダンスも高いレベルで仕上がっており、特に間奏でのダンスパートは見応えがあり、努力と工夫が伺えるものとなっていた。2曲目の「Regeneration」はソロパートも全体のまとまりも素晴らしく”聴かせる曲”として魅力溢れるもので、タイトル通り生まれ変わっていくSCK45を感じさせるものであった。
”-WE ARE STILL STANDING-”プロジェクトでは定期的なライブイベントを行い、これからもSCK45
仙台での出演が予定されているとのこと。ぜひとも彼女たちの魅力に触れて欲しい。

siigのブログ
siigのブログ
siigのブログ

 みちのく仙台ORI☆姫隊は復興支援のために立ち上がった仙台のアイドルユニット。

今年の10月に既に曲が2曲出来ている状態で追加メンバーの募集を始めたり、いつの間にかイベントに出演していたりと謎の多いユニットではあったが、11月からはfacebookより情報出しが始まり、このたび 11月13日に東松島市小野市民体育館にて行われたストリートダンス協会主催の「DANCE STADIUM IN MIYAGI」」においてステージのお披露目があるということで早速取材に行ってきた。

siigのブログ

 デビュー曲『わたしのSHYBOY』はサビの部分に大胆に仙台弁を折り込んだキャッチーな1曲で、アイドルソングとしてもしっかり出来上がっている印象を受けた、対して復興支援ソング『I’m home』は復興を願うメロディアスな聴き応えのある曲となっている。なお現在のところはいわゆる「被せ」の状態でのステージングとなっており、このあたりはボーカル力の強化とメンバー追加の展開が待たれるところである。

(先の追加メンバーの募集は主にボーカルメンバー)
ダンスはチアダンスの技を随所に取り入れるこだわりが見られ、見せることに重点を置いたステージングは表現力と笑顔が素晴らしく、かなり仕上がっている印象を受けた。曲中にスコーピオンやトゥタッチジャンプをキメるアイドルというのはなかなか(仙台では)目新しいのではないだろうか。

siigのブログ

メンバー各々の自己紹介・特技紹介もあり観客から盛んな拍手を受けていた

なお今回はオリジナルメンバー7人での出演となっている。


siigのブログ

リーダー:NODOKA(小6) タレ目がチャームポイント

siigのブログ

ERINA(中3) 特技は早口言葉

siigのブログ

HANNA(中1) チャームポイントはいつも元気で明るいところ

siigのブログ
RINA(中1) 誰よりも腰と背中が柔らかい、ということでスコーピオンを披露

siigのブログ

YUUNA(小6) 皆からよく不思議ちゃんと言われるそう

siigのブログ
ANNE(小5) 特技は5歳から続けている書道で最近9段を取ったとのこと

siigのブログ

ユリア(小6) 特技はパソコンの早打ち
体育館という広いステージは見ごたえがありメンバーものびのびと演じていたように思う、MC部分については緊張もあったようだがこれについてはこれからの経験で良くなっていくことだろう。

siigのブログ
ステージ出演後、メンバーは別衣装に着替え、出演者・観客と共に”ユーコ・スミダ・ジャクソン
”氏のダンスワークショップを受けた。先立って氏のダンスも披露されたのだが、MJの姿が浮かんでくるようなオーラあふれるダンスであった。まさに”神イベ”といえるこのワークショップでORI☆姫隊のメンバーの皆もMJそして氏の魂を感じられたに違いない。

<2011.11.13>
<text:siig>
<photo:CaEO>

SPLASH 仙台ゴスペル・フェスティバル

一番町四丁目商店街 仙台三越本館前ステージに出演しました!


siigのブログ

——————————————————————-
セットリスト

01 世界は女の子が変える
02 絆~Your my best friend~
03 宝もの
04 WINTER CHANCE
——————————————————————

siigのブログ
三越前ステージ終演後には市民広場でのグランドフィナーレに出演。

siigのブログ
今年も盛況のうちにフィナーレを迎えました。

次回のイベント出演は12月とのことです。

11月12日に行われた『復興屋台村 気仙沼横丁
』プレオープンイベントに

SCK45が出演しました!


siigのブログ
大島へのフェリー乗り場のすぐ隣という立地で、プレオープンながらも昼時ということもありなかなかの盛況振りでした。これからもお店は増えていくとの事。

siigのブログ

SCK45 はイベント広場にて11:50~&12:30~の2ステージを披露。

さっそく仙台や石巻、岩手方面の方からの注目を浴びているようです。

とにかく天気が良かったとのことで逆光がいい感じの効果になったステージですね。

 

siigのブログ

siigのブログ

siigのブログ

siigのブログ

siigのブログ

siigのブログ

siigのブログ
2回目のステージ出演ということでだいぶ落ち着いていい感じだったと思います、歌もパワーアップ!

メンバーも・・・リセcがブログで紹介していた新メンバーが2人増えて8人になっています!

siigのブログ
リノc(小6)


マリカc(中2)

 

新曲も含め、これからがますます楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

さて、今回のステージとなった復興屋台村 気仙沼横丁
の最新情報はこちらからどうぞ。

 

 

——————————————————————————

復興屋台村 気仙沼横丁 公式サイト

http://www.fukko-yatai.com/

 

 

@kesennumayatai

気仙沼全体で7割、南町は100%の飲食店が津波で流された気仙沼、飲食業の復興マイルストーンとなる「復興 屋台村 気仙沼横丁」は「港町 気仙沼」を支えるもうひとつの顔である、「飲食店の賑わい」を取り戻すために、仮設店舗をひとつのマーケットプレースに集め「復興 屋台村」を開業・運営していく10年規模計画の起点です。

siigのブログ
復興 屋台村 気仙沼横丁

http://www.facebook.com/fukkoyatai

ブログ

岩手佳代子と復興屋台村「気仙沼横丁」のブログ</a />

http://ameblo.jp/fukko-yatai/


 

 

 

SCK45 Official Web Site

 

SCK45 Official Blog

7月にインストアライブを行ったVIC:CESS
が再びイオン富谷SCに来てくれました!


siigのブログ

—————————————————


セットリスト
01 
CROSSROAD
 - メンバー紹介 -
02 
Night Sky
03 Daybreak
 - MC -
04 in colorful world  ※ライブ初披露
  アンコール

 CROSSROAD


  サイン会&プチ撮影会


—————————————————

MAO 「イオン富谷の皆さん、東京から遊びに来てくださった皆さん本当にありがとうございます。
今日は楽しんでいって下さい」
MIHO 「仙台楽しみにしてきました。今日は盛り上がっていきましょう」
KANA 「岩手県の野田村出身です。またここでライブができてうれしいです。
ちょっと寒いですが、VIC:CESSのライブで盛り上がって下さい」
MANA 「リーダーのMANAです。最後までいっしょに盛り上がって下さい」

ライブでは”in colorful world”を初披露。

そしてインストアライブでは異例ともいえるアンコールと、大きな盛り上がりを見せました。

7月6日のデビューから今日で丁度4ヶ月。 
VIC:CESSはヴィクトリーとサクセスから(勝利と成功を祈って)付けた造語であることや、

前回宮城に来た時、ホルモンを4人で8人前食べたこと(今回は10人前位いきたい!?)など

そして、もうすぐニューアルバムが出ることも発表し、MCでも盛り上がっていました。

「 今は主に東京でライブをやってます。

 色々な所でVIC:CESSの名前を知ってもらえるように、

 これからもたくさん頑張っていくので、 応援よろしくお願いします。」
 
 「We are VIC:CESS!!」


siigのブログ
ライブ後のサイン会メモも盛況でした。



siigのブログ

 MAO      MIHO      MANA       KANA

 
肌寒い天候でしたが皆さんお疲れさまでした、また会える日を楽しみにしております。




siigのブログ

key of light~光の鍵~

2011/7/6発売

レーベル: ヴィセス

ASIN: B0053XOPC8

曲目リスト

01. Daybreak

02. CROSSROAD

03. Night Sky

04. in colorful world



<text&photo by Kei >


11月6日、イオンタウン佐沼4周年祭イベントにてSPLASHが2回のステージを行い 、
自身の冬の代表曲である「WINTER CHANCE」を新メンバーで初披露しましたビックリマーク

siigのブログ

——————————————————————-

セットリスト

01 絆~Your my best friend~
02 世界は女の子が変える
03 宝もの
04 WINTER CHANCE

——————————————————————

およそ1年ぶりとなる「WINTER CHANCE」の披露、この曲はSENDAI光のページェント2008年の応援ソング、みやぎ蔵王えぼしスキー場のキャンペーンソングであり、これなくしては冬のSPLASHは語ることが出来ません。そしてその内容は前メンバーに勝るとも劣らぬ仕上がり、これからの季節のイベント・ライブそして光のページェントは期待大ですね。

SPLASH – WINTER CHANCE

SPLASH – 絆 ~You’re my best friend~

SPLASH – 世界は女の子が変える

5月末の初お披露目から半年あまりでの持ち歌のこの仕上がり、クリスマスライブが楽しみです。

11月3日、気仙沼から生まれたご当地アイドル「SCK45」お伊勢浜らいぶふぇすた”のステージでデビューを果たし400人あまりの観客を沸かせた。

デビュー曲 「ありがとうの言葉」はロックテイストの中に感謝とふるさとの復興を願った良曲。完全オリジナルである楽曲制作は仙台を中心に活動するバンド「OD」の”SHI-SHOW”氏

10月15日の結成から今回のデビューまでの練習回数はわずか5回ということもありまだまだボーカルが弱い部分もあるが、仕上がれば大化けする可能性を感じた。そんな中でも彼女たちの「みんなに笑顔を振りまこう」「みんなに元気になってもらおう」という気持ちが感じられる良いステージだった。

今回は諸事情により6名でのデビューとなったが、これからの展開とフルメンバーでのライブを期待したい。

siigのブログ

siigのブログ

siigのブログ

  siigのブログ

siigのブログ

siigのブログ

siigのブログ

siigのブログ

siigのブログ
 サトミc     ナミc    スズカc   リカコc   リセc   カオルコc 

メンバーのみなさん、寒い中おつかれさまでした。

siigのブログ
物販は缶バッチとストラップ

siigのブログ

 

気仙沼復興ライブ2

SCK45の出演は01:00:00付近から

今回のデビューは一般メディアの注目度も高く、現場で確認しただけでもテレビ4局・新聞3紙の取材があった。

ただ、ネット上では(おそらく初記事の)「被災地アイドル」という報道の仕方がかなりのバッシングを受けた形
報道の仕方には十分気をつけねばならないと感じた。

一記事を読んだだけで彼女たちの純粋な夢・努力を踏みにじるようなことだけはしないで欲しい。
また、運営の方々もネット上の狭窄的な意見や書き込みに惑わされることの無いように頑張って欲しい。

人の言うことは気にするな。「こうすれば、ああ言われるだろう・・・」というくだらない感情のせいで、どれだけの人はやりたいこともできずに死んでいくのだろう
(ジョン・レノン)

 <text&photo:MASAMUNE878>
 <rewrite:Siig>


10月23日、卸町会館中庭特設ステージにて開催された
『MOX LIVE vol.44 in 卸町ふれあい市』のステージに東北発信源ユニットSPLASH(スプラッシュ)が出演しました。心配された前日からの雨も何とか止み、暑いくらいの日差しの中、フレッシュなライブを繰り広げました。続きを読む

Expired 掲載期限切れ

 この記事は,掲載期限を過ぎましたので本サーバから削除されました。

[amazonjs asin=”B00H8NIHWA” locale=”JP” title=”STARTING OVER (通常盤)”]
[amazonjs asin=”B00H8NIHYI” locale=”JP” title=”STARTING OVER (ALUBUM+DVD)”]
[amazonjs asin=”B00EDI82G4″ locale=”JP” title=”ASIAN STONE (TYPE-A) (CD+DVD)”]
[amazonjs asin=”B00EDI847G” locale=”JP” title=”ASIAN STONE (TYPE-B) (CD+DVD)”]
[amazonjs asin=”B00EDI847Q” locale=”JP” title=”ASIAN STONE (Type-C)”]

9月17日から開催されるネッツトヨタ遠見塚店リニューアルイベントキッズウィークにドロシーリトルハッピーが出演しました。

Setlist
Hi So Jump!
ソウル17
Winter blossom ~冬の桜~
デモサヨナラ

 

ドロシーとしては初となるショールームイベント、リニューアルしたネッツトヨタのショールームには200人近い観客が集結し、入りきれない観客がガラス越しにヲタ芸を打つという光景にはネッツトヨタの関係者も驚いていたようでした。

普段のインストアライブとは違った遅い時間帯(17:30~)や周囲からは隔絶されているということもあり、箱でのライブのような感覚で会場は大きな盛り上がりを見せました。

「Hi So Jump!」で始まり「ソウル17」で盛り上げ、「デモサヨナラ」で〆るというパッケージングはすでに定番となった感じですが、光のページェントのイメージソングである「Winter blossom ~冬の桜~」をセットリストに入れることで地元らしい盛り上がりとなり、ライブは盛況のうちに終了しました。

終演後の握手会も盛況で”ホーム”の暖かさを感じるイベントでした。

 5月29日、クリネックススタジアム宮城においてミヤギテレビが協賛する”ミヤテレデー”「楽天イーグルスvs阪神タイガース」戦に設けられたステージで宮城県仙台市を拠点に活動している小中学生女子によるダンス&ヴォーカルユニット「東北発信源ユニットSPLASH(スプラッシュ) 」があらたなるメンバーで”新生SPLASH”のお披露目を行った。続きを読む

1月10日、110番の日にテクプリがJR仙台駅2階ステンドグラス前のステージにて

広報活動を行いました。



siigのブログ

宮城県警の「自転車利用マナーアップ大使」にも任命されているテクプリさんですが、今回は正しい110番通報の仕方をYUKINOcとRIKAcが実際に演じて説明していました。黒のコートで揃えた衣装がとってもcool!

siigのブログ
広報活動お疲れさまでした!!

2013年2月2日深夜0:00より
BSスカパーにて全国無料放送!! 『PigooHD presents アイドル初詣2013』